ストーンとサンチェスが確認した被害者は退役軍人の父と16歳になったばかりの息子だった。事件の手掛かりは、死の直前に息子が購入したという1台の車だ。フィッチは職場に復帰したワシントンと共にブラッシュパーク歴史地区で殺害された女性の捜査にあたる。被害者女性が住んでいたのは銀行が差し押さえた家だと判明した時、フィッチは一見単純に見えるこの事件の背景に、不動産王ヘンリー・マロイの関与を強く疑う。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001