近々退職するロングフォードを祝うパーティーから戻ったサンチェスらの元に1本の電話が入る。メイスンの盟友でもある副検事のアリスが何者かに射殺されたという。容疑者の男は彼女と同じ職場の検事だったが、その供述からフィッチらは新聞記者のザゴルスキーと再会する事になる。ザゴルスキーの口から告げられた名前は不動産王ヘンリー・マロイだった。宿敵と対峙し怒りを抑えきれないフィッチは予想外の行動を取るのだが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001