18世紀―ヴェネチア 街はどこもひとりの男の噂でもちきりだった。彼の名はカサノバ(ヒース・レジャー)。あらゆる女性を虜にする魅力の持ち主だが、ただのプレイボーイではない。無限の愛を与えるという彼を前にすると、娼婦から淑女まで抗える女性はいないという。今日も修道女との情事の後、教会の役人たちに追われたカサノバは、女性の自由をめぐっての討論が行われていた大学の講堂に逃げ込んだ。論客の男性は、女性心理に詳しいベルナルド・グアルディの著作を引用して女性の解放を叫んでいる。しかし彼の宣言が終了した後、会場は騒然となった!男装を解いた彼は実は美しい女性、フランチェスカ(シエナ・ミラー)だったのだ。その混乱の中、役人たちが講堂になだれ込み、ついにカサノバは逮捕されてしまう。不貞、放蕩、異端行為、不法家宅侵入etc…死罪を宣告されたカサノバだが、ヴェネチア総督の取りなしによって放免となる。しかし、既に教皇庁にマークされている彼が、次の追手から逃れるためには、強力な後ろ盾が必要だった。そこで総督はカサノバに良家の子女との結婚を迫った。期限はカーニバルが終わるまで。それまでに結婚しなければヴェネチアを追放されることに―こうして、カサノバの花嫁探しが始まった…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001