ジム・モリス(デニス・クエイド)、35歳。愛する妻と子供たちに囲まれ、高校の教師と野球チームの監督という充実した仕事を持ち、平穏な日々を送っていた。時折、子供の頃の夢が彼の心を騒がせる。「野球選手(メジャーリーガー)になること」それは遠い日に捨てたはずの夢だった。だがある日、彼の人生に転機が訪れる。ジムのくり出す豪速球にプロ選手への道が開かれたのだ。全てを捨て、無謀な賭けに挑戦するのか…。躊躇するジムを決意させたのは妻の言葉だった―「8歳の男の子が、自分の父親が夢を叶える日をずっと待ちわびてるわ。今辞めたら、あの子になんて言うの?」―その時から彼と家族の新たなる旅が始まった・・・。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001