ペンシルバニア州バックス郡。グラハム・ヘスは、地域の住民が信頼を寄せる牧師であり、妻とふたりの子(長男のモーガンと長女のボー)と、元マイナーリーグのスター選手の弟メリルと、平凡だが幸せな家庭を築いていた。だが、ある日突然、事故で妻が目の前で息をひきとった。臨終の言葉は、「グラハム、よく見て。メリル、思いっきり振り切るのよ」…あまりにも不可解な最期の言葉、あまりにも不条理な死、そして、あまりにも耐え難い喪失感。グラハムは初めて神の存在を疑い、その日を契機に信仰に背を向ける。そして半年が過ぎ、ある朝突然、ヘス家の広大なとうもろこし畑に巨大なミステリーサークルが出現した。何者かのいたずらだと主張しながらも、グラハムの本能は警鐘を鳴らしていた。次々と起こる怪奇現象に脅え、町の人々は続々とミステリーサークルから遠い地域に避難していく。グラハムの前に現れたいくつもの兆候(サイン)は、何を意味するのか?そして、なぜ彼の前に現れたのか?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001