鉄郎とメーテルは、キャッツ・ロイドを追った先でネコアという女性と出逢った。彼女は「ミャウ」というキャッツ・ロイドの主人で、ポリスから身を隠しているという。そして鉄郎に、ポリスがこの惑星の人々にした非道を涙ながらに訴えた。強引な機械化を推し進めるポリスは、かつて寿司屋やレストランを利用して住民たちを逮捕し、次々と機械化させた。ネコアもミャウもその犠牲者で、生身の人間を救うために、生身を嗅ぎ分けるフライング・クロから人間を遠ざけていたのである。ネコアは、ミャウたちキャッツ・ロイドに反乱を起こさせるのだが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001