伝説の料理人・節乃の作ったセンチュリースープを味わうトリコと小松。トリコはその美味しさに体を震わせ、小松は意識が飛ぶほどの衝撃を受ける。しかし、同時に「何かが足りない…」ともらす小松。その言葉を聞いた節乃は、二人に厨房を見せると言い出す。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001