初代メルクがヘビーホールにこもっていたのは、IGO会長の一龍から、美食神アカシアのフルコースメニューのサラダ、"エア"を捌く包丁を作る依頼を受けたためだった。一方、小松は二代目メルクから包丁と食材を借り、厨房で料理をはじめる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001