トリコが持ち帰ったメルクの星屑を砥石とし、小松の包丁作りが始まった。包丁の素材となるデロウスの牙は硬く、数千度で熱しても変形しないため、ハンマーで叩いて鍛造することもできない。二代目メルクは少しずつ、牙をメルクの星屑で削っていく。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001