久しぶりに会った大竹は、かつてとは違い、野心的な人物に変わっていた。雑誌のレポーターにワイロを渡して都合の良い記事を書かせ、客を味のわからないバカと笑うその姿勢に、温厚な小松もさすがに声を荒げるのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001