第二闘場で富樫と飛燕が闘う三号生とは、三年前に富樫の兄を殺した者たちだった。真実を知り、冷静さを失う富樫。飛燕は危険を察知し、富樫に先んじて独眼鉄との勝負に挑む。得意の鶴嘴千本が独眼鉄の神経節を貫くが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001