嘆きの壁の出口、超次元の先を見据える一輝の背中に、パンドラが語りかけてくる。かつて一族をことごとく死滅させられ、星矢たちの熱き魂に触れて目を覚ました今、ハーデスの呪縛に捕われていたことに気付いたのだ。パンドラは一輝に寄り添い、ハーデスを倒して家族の仇を取ってくれと頼む。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001