夏休みを満喫できなかったと、翔悟にこぼす早穂。そこに早穂の父・勝也が長期出張から帰宅する。翔悟は幼い頃出て行った母親に似てきたと勝也に言われ、気がかりに。その頃、ネポスでは、クルードとシュトルツが面会していた。シュトルツは娘のリーベルトを案じる一方、若きエクェス一派を警戒する。

※本エピソードは都合上、エンディングをカットして配信しています。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001