吹雪舞う雪山から、童守町へ向かって走る怪しい影。その正体は、山の神からの使者・ヤマオロシだった。その頃ゆきめは、強力な恋のライバルとなる律子先生の出現に、焦りと一抹の不安を感じていた。自分がどれだけ真剣にぬ~べ~を想っていても、所詮は妖怪と人間、壁を乗り越えることは出来ないのではないかと…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001