銀太と顔を合わせたくない…。冗談だと思っていたのに、本当に光希にキスをした銀太。親友の茗子は交換日記で全てを知る。光希は銀太から逃れるため、校門で遊を待ち伏せしていた亜梨実を利用する。喫茶店で亜梨実は遊との馴れ初めを語り始め、堂々の宣戦布告。遊と光希が親しくなっていくのを見ていられない銀太は…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001