銀太が本心を告白しても、光希は怖がるばかり。気にくわない遊に諭されたばかりか、光希と同じ家に入っていく遊を見て、銀太は動揺を隠せない。茗子は自分がが誰を好きなのか、落ち着いて考える時間が必要だと光希にアドバイスする。偶然バイト中の遊と出会った光希と茗子は、そこの木島店長からメダイユの伝説を聞く。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001