謹慎処分のとけた茗子が登校してきた。笑顔に陰りの残る茗子をなんとか元気にしたいと、光希は銀太と相談して牧場に誘うことに。遊に伝えにバイト先に行くと、そこにいた亜梨実も行きたいと言い出した。手作りのお弁当を広げ5人で楽しく過ごすなか、亜梨実は遊が光希に対しては柔らかに接していることに気づく。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001