軽井沢で三輪に会ったことを、遊は光希に口止めする。その三輪と遊に誘われ、映画に行くことになった光希と茗子。わざとはぐれて三輪の恋を応援する遊に、光希の不安も遠のく。手を繋いでのデート、遊を好きな気持ちを再確認する光希。一方、茗子は「遊との本当の関係」をエサにされ、仕組まれたデートを継続するが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001