一大決心をして実の父親と会うという遊に、たまらず付いていった光希。しかしそこで、新たな情報を聞かされる。いったい遊の実の父親は誰なの? 海岸でひとり物思いにふける遊を見つめる光希。夕焼けの中、遊は初めて心を開き、様々な想いを語り始める。素直に感情を表現できる光希が好きだという遊。光希もまた…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001