旅行の帰り、昔の友人・杏樹と再会した遊。毎日のように杏樹から遊にかかる電話に、光希は不安になるが、もうケンカはゴメンと明るく振舞う。三輪に励まされ小説を書き上げた茗子は、一度はイエスと返事したものの、デート中に名村を見たと友人から聞き、三輪を振りきって駆け出してしまう。しかし名村の姿はなく…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001