銀太は亜梨実に恥をかかせてしまうが、亜梨実を想う気持ちが伝わり、二人の仲は急接近。自分とつき合っていると言った名村のウソを、亮子は茗子に否定できないでいる。光希は遊から、かつて父親の件で悩んでいたときに、杏樹が笑顔を取りもどさせてくれたと聞く。二人のことが気になる光希のもとに、杏樹が…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001