遊が好きだと、光希に告白した杏樹。遊が杏樹の気持ちを知ったら、自分が銀太に告白されたときのように揺れるかも知れない。心配でたまらない光希に「明日一日、一度だけ遊を貸して欲しい」と嘆願する杏樹。その思いつめたまなざしに、光希は断りきれず承諾してしまう。遊のほうから誘ってくれたデートの日だったのに…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001