今すぐ一緒に帰ってほしい。遠距離恋愛に疲れてしまった光希の言葉に、遊はうなずくことができない。光希は別れの言葉を残して帰国した。二人が別れたことを知り喜ぶマイケル、憤り心配する銀太。マイケルは光希の笑顔を見たいと、あらためて交際を申し込むが拒まれる。無理をしているのを見抜いた蛍の優しさに、光希は…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001