蛍の家を訪れ、彼のピアノに癒される光希。だが、帰国のときに遊に返した「ダイヤラー」が送られてきて、また心を乱す。二人のことを心配した杏樹からの電話に、光希はつらい本音を語る。寂しい想いもしたくないし、何より遊を傷つけたくない。コンクールのためニューヨークへ赴いた蛍は、遊に宣戦布告をするが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001