光希は「いつもそばにいる。守るよ」と言ってくれた蛍とつきあうことにした。光希と蛍の仲むつまじい姿を目撃した銀太は、その移り身の早さを問い詰める。自分には蛍との安らげる時間が必要だと、光希は銀太に説明する。しかし蛍を認められない銀太は、光希を見守るという理由で、亜梨実とのデートをキャンセルしてしまう。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001