「一緒に新しい想い出を作っていこう」遊を忘れられない光希の苦しみに、理解を示す蛍。一方、銀太の心にまだ光希がいたことを知り、亜梨実は別れを決意。そのことを六反田から知らされ、光希は愕然とする。亜梨実からも銀太の心が揺れていると聞かされた光希は、二人はもっとお互いの気持ちをぶつけ合うべきだと説得する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001