遊は光希にとって家族の一人に戻った。木島の提案したサマーキャンプに、大挙して参加した光希たち。蛍とじゃれあう光希を見つめながら、遊は自分に言い聞かせる。これが光希の幸せのためだと。遊と自分はもう別々の世界にいると感じるだけで、光希は切なくなっていた。「オレが好きか?」蛍にキスを求められた光希は…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001