想い出になんかできない。茗子に後押しされ、光希は遊に会いにニューヨークへ。光希の愛の告白に耐え切れず、遊は禁句を口にしてしまう。「オレたちは兄妹なんだ!」ショックを受けた光希は、遊を振り切りマンハッタンへ。遊は学校の仲間と警察の力を借りて必死に探すが、さまよい歩く光希は危険な地区へと入ってしまう。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001