アラレはセンベエにいくら言われても、掃除や料理もままならない。困ったセンベエは、新しいお手伝いロボットを発明する。しかし、期待のロボット・アキコさんは強引で思い込みが激しく、則巻家はかえって混乱してしまう。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001