時は今より少し昔、昭和の時代。長崎のとある廃坑街に、人並み外れた巨体を持つ一人の若者がいた。坂口松太郎だ。のたりのたりと日がな一日遊び回るので、誰が呼んだか、のたり松太郎! フダツキの暴れん坊だ。腹が減った松太郎は、未だに石炭を掘って生計を立てている変わり者・西尾のじいさまのもとへと向かうが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001