湘北はジリジリと追い立てられるプレッシャーに振り回されていた。そんな中、湘北の弱点である"不安要素"の存在を田岡から聞かされていた魚住は、それをひとつずつ突くことで湘北のさらなる切り崩しを狙っていた。「3ファウルの選手が4人もいること」「選手層が薄い」…痛いところを突かれて次第に不協和音を奏でる湘北。かたや絶好調の陵南は、今でこそパスプレイがプレーのメインになっている仙道が、かつての"点取り屋"の姿を取り戻し、驚異的活躍でスコアを伸ばし始めていた!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001