舞の母親は考古学者で、出土品を大切に保管していた。その一つをチョッピが不注意から壊してしまう。落ち込む母親のために、何かしてあげられないだろうか? 悩む舞に、満と薫は素っ気なく言い放つ。壊れた物が元に戻るはずがないので考えても仕方がない、と。普段は大人しい舞が、それを聞いて猛然と反論を始める。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001