いよいよ文化祭が始まった。準備に余念がない一同の中、宮迫はステージで漫才を演じることに不安を覚え始めていた。クラスの出し物にもトラブル発生。暗幕を吊すワイヤーが足りないため、ホラーハウスなのに部屋を暗くすることが出来ないのだ。宮迫は舞台に上がることを拒否、そのうえキントレスキーが襲撃をかけてくる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001