アッコのママは絵本作家なのに現実主義者で、魔法や幽霊といった存在を信じない。アッコは、ママに意地でもそういったものを信じさせようと、町はずれのバケモノ屋敷でモンスターに変身し、ママを待ち伏せる。ところがそこには、子ダヌキの先客が幽霊に姿を変えていて…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001