百神井池に棲んでいるという伝説の主・巨大鯉について、ノリノリで話すガンモ。それはガンモが祖父から聞いた実話らしい。「信じてほしければ本物を見せろ」とガンモを焚きつける大将。ムキになったガンモはカン吉と、百神井池の冒険に出発。はたして伝説の主の正体とは?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001