買い物に出かけた清麿。帰り道、清麿の姿を見かけた鈴芽が、 赤信号の横断歩道を渡ってくる。迫り来る自動車! 清麿が助けようと車道に飛び出した瞬間、呪文の声が響いた。 何本もの鍵爪のついたロープが自動車を持ち上げ、鈴芽を救う。そこには魔物の子と、空色の魔本を手にした金髪の青年がいた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001