ある晴れた日。弁当を持って出かけたガッシュは、一冊の絵本を見つける。ガッシュはその本を見て、母の記憶が薄れていることに気付いたのだった。母のイメージを求めて町に出るガッシュ。だが、理想とする母親は見当たらない。清麿にも相談するが、彼の言葉を誤解してしまい、家を飛び出してしまう。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001