ある日、橋蔵の前に母親が現れる。父が亡くなった後、海外から帰ってこなかった彼女を剛は許せず、死んだことにしていたのだ。橋蔵はそんなことは知らず、母について行く。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001