優勝した妖怪が、負けた国の全ての妖怪を支配できるというルールを持つ『世界妖怪ラリー』。これを利用して妖怪の頂点に立とうとしたぬらりひょんだったが、手違いから弱小妖怪でなく、各国の強豪妖怪たちを呼んでしまう。恐れをなして逃げ出したぬらりひょんの代わりに、日本代表として出場することになった鬼太郎。ついにレースは開始されたが、自分たちの支配権がかかっているため、展開はスタート直後から大荒れになっていく…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001