妖怪:火車に奪われた母の遺体を取り返してほしいと幸吉少年から頼まれた鬼太郎は、目玉の親父の制止も聞かず一人で火車に挑む。しばらくして鬼太郎が遺体を取り戻してきたが、なぜか報酬として大金を奪い去っていった。その後「鬼太郎が暴力団の親分になった」と聞き目玉の親父が確かめに行くと、容赦ない仕打ちを受けてしまう。疑問に思った砂かけばばあが妖怪玉で調べると、火車と鬼太郎の魂が入れ替わっていることが判明した!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001