大海獣の姿になって日本へと帰ってきた鬼太郎。しかし言葉が通じないため、誰一人自分が鬼太郎だと判ってもらえず、途方にくれていた。だが暴れずにおとなしくしている大海獣を見て、目玉の親父はもしかしたら鬼太郎では…?と考え始める。そこで仲間の妖怪の手を借りてもう一度大海獣に会い、鬼太郎であることを確認した目玉の親父。だが鬼太郎であることが世間に知られるのを恐れた山田は、鬼太郎に興奮剤を撃ちこみ暴れさせた!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001