妖怪いやみが街に現われて、人々からショウ気を集めていた。ショウ気を体中に蓄えて、落語の真打ちになるためだ。いやみにショウ気を抜かれた人間は、一様に凶暴な性格になってしまう。鬼太郎がいやみの出演する演芸場に駆けつけるものの、返り討ちに遭ってショウ気を吸い取られてしまう。すっかり性格が変わり、もう人間の味方をしないと言い放つ鬼太郎。目玉おやじは鬼太郎を元に戻すため、金比羅島の清めの泉に連れて行く。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001