妖怪・桂男が、満月の夜に巨大な昆虫を町へ送り込んだ。月の使者である月女を故郷に帰すため、町を破壊して人工の灯りを残らず消し去るつもりなのだ。800年に1度しかない今夜を逃したら、月女はむなしく消え去ってしまう。事情を聞いたねずみ男は砂かけ婆に助けを求め、鬼太郎は町を破壊する桂男を止めようと試みる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001