ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

心理探偵フィッツ

犯罪者を追い詰める最高のプロファイラーは、私生活では生活破綻者だった…。英国マンチェスターのアンソンロード署を舞台に、型破りな探偵の活躍を描く傑作ドラマ。

2016年08月12日 配信開始

お得なまとめ買い

#1~#24

3628ポイント 購入する
30%
OFF

#1~#24

5,184ポイント 3,628ポイント 30%OFF 30日間
  • #1 過去のない殺人者 前編
  • #2 過去のない殺人者 後編
  • #3 恐るべき恋人たち 前編
  • #4 恐るべき恋人たち 中編
  • #5 恐るべき恋人たち 後編
  • #6 告白の罠 前編
  • #7 告白の罠 後編
  • #8 孤独な男 前編
  • #9 孤独な男 中編
  • #10 孤独な男 後編
  • #11 ゆがんだ信仰 前編
  • #12 ゆがんだ信仰 中編
  • #13 ゆがんだ信仰 後編
  • #14 傷ついた男たち 前編
  • #15 傷ついた男たち 中編
  • #16 傷ついた男たち 後編
  • #17 真実の行方 前編
  • #18 真実の行方 中編
  • #19 真実の行方 後編
  • #20 悲しい出会い 前編
  • #21 悲しい出会い 後編
  • #22 私を愛して 前編
  • #23 私を愛して 後編
  • #24 ホワイトゴースト

#1~#4

691ポイント 購入する
20%
OFF

#1~#4

864ポイント 691ポイント 20%OFF 14日間
  • #1 過去のない殺人者 前編
  • #2 過去のない殺人者 後編
  • #3 恐るべき恋人たち 前編
  • #4 恐るべき恋人たち 中編

#5~#8

691ポイント 購入する
20%
OFF

#5~#8

864ポイント 691ポイント 20%OFF 14日間
  • #5 恐るべき恋人たち 後編
  • #6 告白の罠 前編
  • #7 告白の罠 後編
  • #8 孤独な男 前編

#9~#12

691ポイント 購入する
20%
OFF

#9~#12

864ポイント 691ポイント 20%OFF 14日間
  • #9 孤独な男 中編
  • #10 孤独な男 後編
  • #11 ゆがんだ信仰 前編
  • #12 ゆがんだ信仰 中編

#13~#16

691ポイント 購入する
20%
OFF

#13~#16

864ポイント 691ポイント 20%OFF 14日間
  • #13 ゆがんだ信仰 後編
  • #14 傷ついた男たち 前編
  • #15 傷ついた男たち 中編
  • #16 傷ついた男たち 後編

#17~#20

691ポイント 購入する
20%
OFF

#17~#20

864ポイント 691ポイント 20%OFF 14日間
  • #17 真実の行方 前編
  • #18 真実の行方 中編
  • #19 真実の行方 後編
  • #20 悲しい出会い 前編

#21~#24

691ポイント 購入する
20%
OFF

#21~#24

864ポイント 691ポイント 20%OFF 14日間
  • #21 悲しい出会い 後編
  • #22 私を愛して 前編
  • #23 私を愛して 後編
  • #24 ホワイトゴースト

各話一覧

並び順

#1 過去のない殺人者 前編

216ポイント 購入する

#1 過去のない殺人者 前編

216ポイント 7日間 50:39

ドクター・フィッツは、神経科のクリニックを営む神経科医。大学で講演を行う傍ら、警察の依頼を受け異常者の犯罪の捜査に協力することもある。紳士の多いイギリスには珍しく粗野で、豪放磊落、愛すべき人物だが、酒飲みで無類のギャンブル好き。妻はついに娘を連れ実家へ帰ってしまう。ある日、列車の中でノドを切り裂かれた若い女性の惨殺死体が発見される。同じ手口による2人目の犠牲者だ。直後に路線際に倒れている記憶喪失の男が見つかる。女性を殺して逃げようと列車から飛び降りた犯人と思われた。フィッツは精神医学に基づく記憶テストを使い、男の芝居を見破ろうと心理的ゆさぶりをかけるが…

詳細

#2 過去のない殺人者 後編

216ポイント 購入する

#2 過去のない殺人者 後編

216ポイント 7日間 50:07

フィッツは男の記憶喪失は本物で無実かもしれないと考え始める。だが、ビルボローはフィッツの進言に耳を貸そうとしない。やがてフィッツの記憶テストで得た数字を手がかりに、男の身元が判明する。名前はトーマス・ケリー。ローマの神学校を精神不安定の理由で退学した事実がわかるが、その後消息は全くつかめない。結局ケリーは証拠不十分で釈放され、フィッツに預けられる。しかし、ケリーが犯人だという通報があり、さらにその通報に基づいて捜査した場所から、女性の死体が発見される。ビルボロー警部はケリーを再逮捕するが、無実を確信していたフィッツは、ペンホリガン刑事の助力を得て、ケリーを再尋問する。呼び覚まされたケリーの記憶には、事件の真相が隠されていた。

詳細

#3 恐るべき恋人たち 前編

216ポイント 購入する

#3 恐るべき恋人たち 前編

216ポイント 7日間 51:09

妻ジュディスがセラピストと親しくしているらしい。フィッツは酒を飲んで荒れ、妻と娘が身を寄せる実家に押しかけ逮捕されてしまう。留置されたフィッツは、他の房で暴れる若者をなだめるのに一役買う。ショーンというその若者には言語障害があった。ショーンにはティーナという恋人がおり、二人で殺人に手を染めたのだった。殺害されたのはティーナに金を貸していた高利貸しのコーマック。犯人をコーマックの客に絞り込んだ警察は、ティーナのもとにやってくる。ティーナは聞き込みに現れたギッグズ刑事に色仕掛けで迫り…。

詳細

#4 恐るべき恋人たち 中編

216ポイント 購入する

#4 恐るべき恋人たち 中編

216ポイント 7日間 50:09

仕事以上に重大な夫婦の危機をかかえるフィッツ。その修復のため、ありとあらゆる手を尽くすも、彼の奔放な性格が災いして全て失敗に終り、ジュディスにも決定的な打撃を与えてしまう。フィッツに恋心を抱くペンハリガン刑事は正直な思いを吐露するが、彼の心はまだジュディスにあった。翌日、ギッグズが撲殺死体で発見される。遺品の中にあったコンドームから、女が誘惑し男が殺すと言うコーマック事件と同様の図式を読み取るフィッツ。そして、保護観察中のショーンは、警察に出頭した際、偶然フィッツに声をかけられ、犯罪を見破られていると思いこみ怯える。ティーナはフィッツをも殺そうと考え、後をつけてフィッツに接近、誘惑しにかかる。だが、フィッツはすぐ彼女がティーナだと気付き、ペンハリガンを呼んで逮捕させる。しかし、ショーンは取り逃がし…。

詳細

#5 恐るべき恋人たち 後編

216ポイント 購入する

#5 恐るべき恋人たち 後編

216ポイント 7日間 50:05

ティーナの取調べが始まる。「ショーンという男など知らない」と言い張るティーナ。一人残されたショーンは、混乱した頭で町をさまよった末、フィッツに助けを求めようと電話するが、その時フィッツは息子の急病(盲腸炎)で動転していた。自暴自棄になったショーンは新たな殺人を犯す。フィッツの尋問に一層熱がこもり、ティーナの心の傷が明らかになって行く。幼い頃から盲目の姉サミーの盲導犬代わりをしてきた彼女は、サミーを憎んでいた。それを知っているショーンはサミーを殺しにいったのだとティーナは打ち明ける。ティーナの話どおり、ショーンはサミーを人質にして家にたてこもっていた。

詳細

#6 告白の罠 前編

216ポイント 購入する

#6 告白の罠 前編

216ポイント 7日間 48:42

13才の少年ティムが行方不明になった。両親が別居中で、父親の所へ行くと家を出たまま帰らず、母親が気付いて捜索願を出した時は既に一日経っていたという。やがてティムの首吊り死体が森で発見される。初めは自殺と思われたが、検死の結果、他殺と断定される。珍しくビルボロー警部の方からフィッツに、ティムの両親や家族を調べてほしいと依頼がある。そして、ティムの通う学校の英語教師キャシディが捜査線上に浮かんでくる…。

詳細

#7 告白の罠 後編

216ポイント 購入する

#7 告白の罠 後編

216ポイント 7日間 50:12

キャシディは犯行を否認、取調べは難航する。犯行当夜のアリバイは、彼のフィアンセの証言で崩れ、腕時計に付着したTシャツの繊維から、少年と接触があった事も判明するが、決定的証拠にはならない。捜査は決め手に欠け、結局容疑を確定できないまま、キャシディは釈放となる。怒った父親のラングは、友人と2人で工事現場から大型ショベルカーを持ち出してキャシディのアパートを襲撃し、逮捕される。教師のスキャンダルに暴徒化した市民からのつき上げと、上層部からの重圧で窮地に立たされたビルボローの望みの綱は、フィッツがキャシディから自白を引き出してくれることだけとなった。

詳細

#8 孤独な男 前編

216ポイント 購入する

#8 孤独な男 前編

216ポイント 7日間 50:38

工場で働くアルビーは、夜勤明けに近所の店で買い物をした折、店主と口論となった。腹の虫が収まらないアルビーは髪を剃り、銃剣を手にして店に戻り、店主を刺し殺す 店主がパキスタン人で、「犯人はスキンヘッドだった」という目撃証言も入ったことで、警察は事件の動機を人種差別と判断する。それをタブロイド紙がすっぱ抜いた。新米刑事ハリマンがフリーの特ダネ記者クレア・ムーディに情報をもらしてしまったのだ。この新聞を見たアルビーは、クレアを殺そうとつけ狙うが失敗する。前回の事件でフィッツと衝突したビルボロー警部は、大学教授の心理学者ノーランに犯人のプロファイルを依頼する…。

詳細

#9 孤独な男 中編

216ポイント 購入する

#9 孤独な男 中編

216ポイント 7日間 50:22

ノーマン教授が殺害される。第二の被害者は白人の大学教授だった。この時点で動機を人種差別と結びつけるのは難しくなる。まだ何の手がかりも掴めないあせりから、ビルボロー警部はフィッツを呼ぶようペンハリガン部長刑事に命じるが、彼女は拒否する。第二の殺人を知ったフィッツはじっとしていられず、自ら協力を申し出、フィッツの心理捜査が始まる。そんな彼に絶望したジュディスは、娘を連れ、家を出る。アルビーに殺されかけた記者のクレアから話を聞いたフィッツは、事件の重要な鍵を見出す。第一現場の壁に血の色で書かれていた謎の数字は、89年4月15日、96人が死んだヒルズボロー事件を意味していた…。

詳細

#10 孤独な男 後編

216ポイント 購入する

#10 孤独な男 後編

216ポイント 7日間 49:57

殉職したビルボロー警部の後任に、ワイズ警部がやって来る。アルビーの嘘を見抜けなかったベック部長警部のショックは大きい。彼はアルビーの別れた妻ジルの家をつきとめ、彼女を連行する。ジルの聴取にはフィッツが当たった。ジルは、夫婦の仲がヒルズボロー事件をきっかけに破綻したと話す。社会のすみに押しやられた白人労働者の欲求不満と疎外感が彼を復讐にかりたてた。社会を見返すための復讐―大量殺人。彼は逮捕されることを見越して、大勢の敵を確実に殺す計画を実行したのだ。その頃、フィッツは…。

詳細

#11 ゆがんだ信仰 前編

216ポイント 購入する

#11 ゆがんだ信仰 前編

216ポイント 7日間 50:39

敬虔なキリスト教の新会派「友愛の会」を主宰するケネス・トラントは高校の校長であり、その高潔な人格は多くの人々の尊敬を集めていた。だが実は、ケネスは教え子の女生徒と次々と淫らな関係をもっていた。ケネスの妻バージニアはその事実を知り、夫が交際中の女生徒ジョアンを屋敷に呼び問いつめる。ジョアンにケネスとの子を身ごもっていると告げられ、激昂したバージニアはジョアンを地下室に監禁。ジョアンの存在が自らの地位と名声を脅かすことを恐れたケネスは、密かに彼女を抹殺することを決意する…。

詳細

#12 ゆがんだ信仰 中編

216ポイント 購入する

#12 ゆがんだ信仰 中編

216ポイント 7日間 49:46

一命をとりとめたジョアンは保護され、病院に収容される。しかし、大量の酒と睡眠薬の服用していた。一方、ジョアンを救い出した青年ディーンはケネスに脅され、激しいパニックに襲われていた。一方、フィッツとペンハリガンは神父からジョアンとケネスの関係を聞き出し、ケネスの元へ。ケネスは事件関与を否定するが…。

詳細

#13 ゆがんだ信仰 後編

216ポイント 購入する

#13 ゆがんだ信仰 後編

216ポイント 7日間 50:02

ディーンとジョアンの死は警察に大きな打撃を与え、自白を強要したベック刑事は動揺する。彼には以前、自分のミスでビルボロー警部を死においやったという心の傷があった。ワイズ警部は、ディーンが自殺したことにより、ジョアンの死は「妊娠を苦にした自殺」として片づけようとしていた フィッツとペンハリガン刑事は、自白を引き出すべく、ケネス校長と関係のあったジョアンの友人のサラ、次にケネスの妻バージニアと、次々に関係者を追求していく。そして、ついにケネス自身が調書のため出頭するが…。

詳細

#14 傷ついた男たち 前編

216ポイント 購入する

#14 傷ついた男たち 前編

216ポイント 7日間 49:20

ラジオの電話心理相談室のパーソナリティをつとめるフィッツ。アンソンロード署では同じ手口の2件のレイプ事件を捜査中、3件目が発生。証拠を全く残さないこのレイプ犯を追う捜査にフィッツも加わる。捜査の一環として3ヶ月前に襲われた被害者の事件再現と検証が行われた。まだ傷の癒えない被害者をアパートに送り届けたペンハリガンの前に、突如現れた覆面の男は彼女にナイフを突きつけ…。

詳細

#15 傷ついた男たち 中編

216ポイント 購入する

#15 傷ついた男たち 中編

216ポイント 7日間 50:33

ペンハリガン警部は、レイプの被害届を出し、同僚たちの同情と好奇の目にさらされることになった。一連のレイプ犯の仕業に違いないと主張するペンハリガン警部。しかし、2年前に被害にあった女性の証言とフィッツの催眠術によって引き出されたペンハリガンの記憶の中の犯人は一致しなかった。ラジオの電話相談で犯人のプロファイルを語るフィッツのもとに「犯人は被害者を殺すべきか?」と問う怪しい電話がかかる。その後第四の犯行が起きてしまう。被害者は社会保険給付事務所の職員ワイリーの妻デボラ。妻を殺されたワイリーは混乱し、ラジオで犯人を挑発したとフィッツを責める。

詳細

#16 傷ついた男たち 後編

216ポイント 購入する

#16 傷ついた男たち 後編

216ポイント 7日間 50:31

フロイドの母マルコム夫人は、フィッツの事情聴取を受け、息子の少年時代の悲惨な出来事を語る。フロイドは逮捕される。フィッツは取調べの中で彼の内面をえぐりだしていく。しかし決定的な自白を引き出す直前に邪魔が入り、フロイドは釈放されてしまう。新たな犯行を危惧するフィッツの勘は的中し、フロイドは次の標的はなんとフィッツの妻で身重のジュディスだった。フィッツはジュディスを救えるのか?

詳細

#17 真実の行方 前編

216ポイント 購入する

#17 真実の行方 前編

216ポイント 7日間 50:23

フィッツの元に、兄ダニーが母の急死を知らせにやって来る。ダニーは早くに家を出た弟とは正反対の、真面目なカトリック教徒。母の葬式を取りしきるのは、生家教区のマイケル神父だ。そんな矢先、売春街の殺人事件が起こるが、その事件の容疑者は、なんと神父の弟であるデビッドだった。ところが、デビッドが拘留されて間もなく、またしても娼婦が一人惨殺される事件が起きる。はたして犯人は何者なのか?そしてまた、その動機は…?

詳細

#18 真実の行方 中編

216ポイント 購入する

#18 真実の行方 中編

216ポイント 7日間 49:44

第二の被害者の検死が行われ、体内に残っていた精液は、デビッドのものと一致するというDNA鑑定が出る。同一手口、同一人物の犯行に見えるが、デビッドは留置場にいた。混乱する捜査陣。フィッツは兄弟であれば、DNAが類似している可能性もあると、疑いの目をマイケル神父に向け、母の葬式に備えての告白を口実に告白室でマイケルに直接疑いをぶつけるが…。

詳細

#19 真実の行方 後編

216ポイント 購入する

#19 真実の行方 後編

216ポイント 7日間 49:41

デビッドは依然としてジーン殺害を否認。第二、第三の殺人はマギーの犯行と見抜いているマイケルは、熱心に自首を勧める。しかしマギーは、かつて生活苦のために堕胎した赤ん坊のことが忘れられない。その怒りは夫の金を手にした売春婦と堕胎に賛成したマイケルに向けられたのだ。一方、フィッツはようやく、被害者が安心して部屋に入れた相手は神父ではなく女だったと気がつく。マギーの暴走を止めることはできるのだろうか?

詳細

#20 悲しい出会い 前編

216ポイント 購入する

#20 悲しい出会い 前編

216ポイント 7日間 50:14

孤児院で育った17歳のビル。勤め始めた工場の主任グレイディは、ある夜、門限を過ぎて施設を閉め出されたビルを自分のアパートに連れて帰る。ところが、グレイディの家主メアリーと口論になったビルは彼女を刺してしまう。警察はメアリーの夫を犯人として連行するが、フィッツはシロだと断定。あの夜、グレイディはビルをかばい、二人は現場を逃れたのだった。さらに二人は、新たな殺人に手を染めようとしていた…。

詳細

#21 悲しい出会い 後編

216ポイント 購入する

#21 悲しい出会い 後編

216ポイント 7日間 50:19

殺されたソーシャル・ワーカーのマクベリーの作業日誌から、ビルの存在とグレイディの住所が割れ、捜査陣はアパートに踏み込むが、アパートはすでにもぬけの殻だった。一方、逃走中のビルとグレイディは急速に親密度を増していた。そんな矢先、グレイディの車で銃をもてあそんでいるビルを通行人が目撃。通報を恐れたグレイディは車を焼き、ビルは足に大火傷を負ってしまう…。

詳細

#22 私を愛して 前編

216ポイント 購入する

#22 私を愛して 前編

216ポイント 7日間 50:20

フィッツは若い女性から匿名のラブレターを受け取った。手紙の主は、フィッツの旧友でもあり、クィーンズ大学で心理学教授をしているアイリーンの助手のジャニス。彼女は精神のバランスを崩し、男子学生を誘惑して殺すという犯行を繰り返していたが、警察は手がかりをつかめないでいた。ジャニスの行動の裏には彼女が経験した少女時代の不幸な出来事が強く影響していた…。

詳細

#23 私を愛して 後編

216ポイント 購入する

#23 私を愛して 後編

216ポイント 7日間 50:31

フィッツは捜査の第一線から引いて、代わりにクィーンズ大学の心理学教授であるアイリーンを推薦する。その頃、フィッツに相手にされず怒りを募らせたジャニスは、彼の関心を引こうと、フィッツの息子マークを誘い出し監禁してしまう。息子の危機を知って打ちのめされるフィッツとジュディス。TVに映し出されたフィッツの姿を見たジャニスは、彼に会うため、自ら逮捕される。しかしマークが監禁されている場所は不明のままだった…。

詳細

#24 ホワイトゴースト

216ポイント 購入する

#24 ホワイトゴースト

216ポイント 7日間 01:39:18

フィッツは香港大学の招きで講演のため香港を訪れていたが、ある捜査に加わることになる。製薬会社を営むデニス・フィルビーは、同棲中の恋人スー・リンが妊娠して上機嫌だが、経営不振で多額の借金をかかえている。デニスの深刻な状況を知ったスー・リンは子供を堕ろすと言う。追いつめられ、精神のバランスを失ったデニスの暴走が始まる…。

詳細

キャスト

製作年 1993年 製作国   イギリス

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001