ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

QUIZ

キャスト、スタッフにも犯人を教えずに撮影していくという前代未聞のスタイルで製作され、あたかもリアルタイムで事件が起こっているかのようなライブ感覚を狙うサスペンス。財前直見、内藤剛志、生瀬勝久、竜雷太ら実力派俳優を擁した本格ドラマ。あなたはこの"QUIZ"が解けるか?!

2010年04月09日 配信開始

お得なまとめ買い

#1~#11

1620ポイント 購入する
55%
OFF

#1~#11

3,564ポイント 1,620ポイント 55%OFF 14日間
  • #1 史上最悪の誘拐犯てだあれ
  • #2 絶対成功する身代金の奪い方は
  • #3 あなたを絶対死なせない
  • #4 公開捜査、1秒前
  • #5 真犯人登場便乗犯の死
  • #6 桐子、疑わしい過去
  • #7 18年間の共犯者
  • #8 第2の誘拐だーれだ!?
  • #9 ママの過去は風俗嬢
  • #10 まさかおまえが!史上最悪の誘拐犯逮捕の日
  • #11 ぼくたちは、ここにいるよ

各話一覧

並び順

#1 史上最悪の誘拐犯てだあれ

324ポイント 購入する

#1 史上最悪の誘拐犯てだあれ

324ポイント 7日間 46:56

同じような家が建ち並ぶ住宅街にある高野家の昼下がり。高野舞のもとに1通のEメールが届いた。「件名 くいずです『あなたのいちばんたいせつなものなーんだ ヒント すでになくなっています』」舞は通帳や書類をチェックしたがなくなっているものはない。一瞬の後、舞は小学2年の1人息子・生(しょう)が帰っていないことに気がついた。あわてて担任の中森あゆみに電話するが生はすでに帰ったという。友達の家にもいない。そしてさらに「こどもをあずかった けいさつにはいうな うそついたらこどもころす」というメールが届いた。事件を知った警視庁捜査一課管理官の蓮見は森村優作を伴い、捜査の指揮をとるべき人物を迎えに赴いた。2人がやってきたのはある精神病院だった。そこに入院中の桐子カヲルがその人物だというのである。SIT(誘拐拉致事件のスペシャリスト)担当の警部であるカヲルは人の心をすべて読みとってしまうという能力があるため、ここで休息をとっているのだという。蓮見は優作にカヲルの監視役を命じる。カヲルは次々に心を読まれてビビる優作に車を運転させ、現場に向かった・・・。

詳細

#2 絶対成功する身代金の奪い方は

324ポイント 購入する

#2 絶対成功する身代金の奪い方は

324ポイント 7日間 46:56

誘拐された生の父・啓と会った桐子は幻想に襲われて錯乱し、署を飛び出してしまった。ちょうどそのころ、高野家には黒い箱が届けられる。箱には「クイズです。からだのうえにあってうえでないもの なーんだ?」というクイズと身代金6000万円を要求するメッセージが添えられていた。白砂は捜査本部に報告する。本部では桐子失踪という事態に対応し緒沢が捜査の指揮を代行することになっていた。緒沢は捜査方針を切り替え、動機を金銭目的にしぼった。啓が高野家に戻って来た。白砂は身代金をどうするか啓に尋ねた。警察は偽札なら用意できるが本物を提供することはできないという。啓は舞と2人きりになると、万一を考えれば金を用意しないわけにはいくまいと言う。高野家では舞が新しい英会話学校を開くために銀行から6000万の融資を受けたばかりだった。「でもあのお金は・・・」と未練がましい舞にいらだった啓は「それでも母親か!」と声を荒らげた。

詳細

#3 あなたを絶対死なせない

324ポイント 購入する

#3 あなたを絶対死なせない

324ポイント 7日間 46:56

1都6県の警察を大動員した捜査網はあっさりかわされ、6000万円は持ち去られてしまった。桐子は身代金を要求して奪取したのは誘拐犯ではなく、事件に便乗した何者かであると主張し、多摩東署の面々と激しく対立する。捜査本部に現れた蓮見は今後は自分が捜査の指揮を執ると宣言した。そして蓮見は、身代金を奪われた以上子供の命はないに等しい、この際に公開捜査に踏み切ると述べた。桐子は「それでは助かる子供も助からない」と蓮見に食い下がる。緒沢が公開捜査の可否をコインを投げて決めることを提案し、表なら公開を猶予、裏なら直ちに記者会見、という賭が成立した。結果は・・・表。ただし緒沢のイカサマが蓮見に見破られ、翌日の18時までという期限付きの猶予となってしまう・・・。

詳細

#4 公開捜査、1秒前

324ポイント 購入する

#4 公開捜査、1秒前

324ポイント 7日間 46:55

桐子と優作はバザーの開始が迫る立栄学院大学付属小学校に来ていた。桐子は優作に、この会場に便乗犯も真犯人も必ずやってくる、と断言する。桐子は緒沢と図って、現場に本庁の現場資料班を呼んでいた。犯人が奪った6000万をバザーで使う可能性があるとの読みだった。2人は優作の知らないところでさらに何か計画しているようだった。桐子と優作がバザー会場を離れようとした時、突然、会場の屋台の1つから火柱が上がった。現場は騒然となるが、これは実は緒沢の仕業だった。緒沢は目撃証言を取ると称して、ツヤ子、柴崎真理、石原綾の取り調べを始める。

詳細

#5 真犯人登場便乗犯の死

324ポイント 購入する

#5 真犯人登場便乗犯の死

324ポイント 7日間 46:40

ついに6時のニュースが始まった。だが、トップで報道されたのは誘拐事件のニュースではなかった。何か動きがあったに違いない。桐子は捜査本部に駆けつけた。本部に事態を把握している人間はいなかった。バザー会場の小学校にも特に変化はないという。やがて蓮見が現れ、桐子に芦ノ湖の身代金奪取現場の写真を手渡した。写真を入手した蓮見が記者会見を急遽中止していたのである。桐子は写真を見るなり金を持ち去った便乗犯の正体を悟った。同時に小学校にいたはずの便乗犯の命が危ないことも知る。便乗犯の身柄を確保すべく、刑事達が小学校へむかったが便乗犯はみつからない。便乗犯は何者かから「番号が控えられていて使えないおまえの6000万を、使える3000万と換えてやる」という電話を受けてやって来ていた。あわよくば誰とも知れないその相手の3000万も奪ってしまおうという算段であったが・・・。

詳細

#6 桐子、疑わしい過去

324ポイント 購入する

#6 桐子、疑わしい過去

324ポイント 7日間 46:55

ついに事件は公になり、捜査は公開のものとなった。多摩東署には報道陣がつめかけ、テレビニュースでも詳しく報じられた。もはや一刻の猶予もない。殺された便乗犯と共謀関係にあったと思われる「もう1人の便乗犯」の存在を確信した桐子は、便乗犯を殺そうとしている真犯人よりも先にその正体をつきとめようとしていた。便乗犯を餌にして真犯人を捕まえようというのである。犯人に要求された3億円の引き渡し期限は明日。それまでに便乗犯を見つける必要があった。舞とともに英会話学校の開設を準備している宮部夏彦が、生の情報を提供した者に1000万円の懸賞金を出すと発表した。啓は生を口実に舞を売名に利用している、と宮部を強く非難する。しかし、舞はそれを否定し、逆に「啓に恨みを持っている者が犯人だ」と主張した。舞と啓の間の裂け目が大きく開き始め、高野家を揺さぶる。桐子は石原綾が姿を消したことを緒沢からの連絡によって知った。犯行を楽しんでいる犯人が姿を消すはずはない、と桐子は断言し、綾を手配する必要はないと言う。代わりに桐子は宮部の経歴を調べるよう指示する。

詳細

#7 18年間の共犯者

324ポイント 購入する

#7 18年間の共犯者

324ポイント 7日間 46:34

調べが進むに連れ、宮部の怪しさは募る。輸入雑貨販売、風俗店の経営に始まってバブル期にはリゾートホテルの開発など、様々な事業に手を出してきた宮部は、これまで、かなりあくどい手法に訴えてきた。被害者の中から自殺者も出ている。さらに当時、雑貨店の共同経営者で宮部の婚約者でもあった女性が外国で暴漢に襲われて殺され、その直後に急に宮部の金回りが良くなった、などという疑惑に満ちた事実も飛び出してくる。犯人が指定してきた3億円支払い期日の早朝、桐子と白砂はジムでトレーニング中の宮部を訪ね、挑発する。だが、宮部は顔色も変えない。白砂は拳銃まで抜いて見せた桐子のやり方を非難し、白砂の謝罪要求に応じようとはしない桐子を残して1人帰ってしまう。桐子にも焦りがあるのだ。殺された第1の便乗犯が勤めていた会社に出かけた桐子は、妹と偽って便乗犯が会社に残していた数通の封筒を手に入れた。その中の1通に、由利恭平という名前名義の不動産契約書があった。桐子は緒沢に由利恭平が何者か調べるように命じ、自らは契約書に記載されている家に向かう、と告げる。

詳細

#8 第2の誘拐だーれだ!?

324ポイント 購入する

#8 第2の誘拐だーれだ!?

324ポイント 7日間 46:50

黒覆面の人物に襲われ、めった打ちにされた桐子。桐子は気力を奮って立ち上がり、黒覆面に迫ったが、左肩をボウガンで一撃され倒れ伏してしまった。高野啓は警視庁に蓮見礼二を訪ね、桐子と自分の過去を問いただした。啓は交通事故によって記憶の1部に欠落を生じていたのである。さらに啓は桐子と啓の過去を知った上でこの事件の捜査に桐子を送り込んだ蓮見の意図を問うた。蓮見は静かに桐子と啓の関わりを語り始めた。緒沢と優作に揺り起こされて意識を取り戻した桐子は、当然、第2の便乗犯は殺されたものと覚悟していた。しかし、現場に便乗犯の死体はない。犯人はなぜか便乗犯を殺すのを止めたのである。緒沢は便乗犯の指名手配を指示した。

詳細

#9 ママの過去は風俗嬢

324ポイント 購入する

#9 ママの過去は風俗嬢

324ポイント 7日間 46:50

柴崎家になつめの誘拐を暗示するメールが届いた。不安にふるえる真理。高野家には犯人の目を盗んだ生から電話がかかってきた。生がとりあえずは無事であることが確認されたわけである。啓は桐子を訪ね、かつて桐子の前から姿を消したのは事故が原因であったことを打ち明ける。桐子は啓の前でこそ平静を装ったものの、内心打ちのめされる。めばえた命の火を消すことを自らに許した「自分も啓の被害者だ」という言い訳を奪われてしまったわけである。なつめ誘拐の知らせは捜査本部に衝撃をもたらした。なつめの誘拐は、驚くべき事に生と同じ場所、同じ時刻に実行されていた。しかも今回は、警察と報道陣が見守る中での犯行である。身代金が、3億から6億に倍増したのもこれををふまえてのことだったのか?騒然とする刑事たちをよそに桐子は6億というとりとめのない金額にかすかな不審を覚える。

詳細

#10 まさかおまえが!史上最悪の誘拐犯逮捕の日

324ポイント 購入する

#10 まさかおまえが!史上最悪の誘拐犯逮捕の日

324ポイント 7日間 46:30

6億の金塊を積んで宮部が運転するトラックは工場地帯の倉庫に吸い込まれるように消えた。捜査員たちは周囲を固め様子を伺うが、まったく動きがないまま時間は過ぎていった。桐子はついに突入の指示を出した。鉄の扉が焼き切られ、突入口が大きく開いたとき、先頭の機動隊員が熱風に巻かれて倒れた。扉の奥には熱風と水蒸気の陰に赤々と燃える溶鉱炉が見え隠れしており、床には黒く焼けこげた物体が転がっている。犯人と金塊は煙のように消え失せていた。緒沢の指示によって捜査員たちは散り、検問は強化された。まもなく、倉庫から110メートル離れた地点で犯人が金塊を積んだ形跡と逃走に使ったと思われる車のタイヤ跡が発見された。だが検問の強化にも関わらず、2時間たっても犯人の車は引っかからない。8時間あまりの後、犯人の乗り捨てた車が見つかる。検問は突破されてしまったわけである。どのルートのNシステムに引っかかったのかを聞き、犯人が乗り捨てた車の位置を知った桐子は微笑みを浮かべた。桐子は緒沢に「犯人が分かった」と告げ、捜査員全員を本部に集めるように言う・・・。

詳細

#11 ぼくたちは、ここにいるよ

324ポイント 購入する

#11 ぼくたちは、ここにいるよ

324ポイント 7日間 46:41

高野家から舞と啓が消えた、と言う連絡を受けた桐子は直ちに高野家に向かった。舞のパソコンにはメールが残されていた。「くいずです しょうくんの いちばん すきなばしょ どーこだ いちじかん いないに きてね けいさつに いったら しょうくんは えいえんに かえらない」2人は心当たりの場所を探しに出かけたらしい。ふと、桐子は部屋の隅できらりと光るものに気がついた。盗撮カメラだ。高野家のリビングもずっと犯人に見られていたのである。それにしても生はどこにいるのか?何かヒントはないかと、生が描いた絵を調べていた桐子はあることに気がついた。立栄小学校の父兄に次から次へと届いた脅迫メールの数はとうとう24件にのぼった。菅井芳貴が1人で外を歩いていたのを思い出し、保護に向かった白砂は芳貴を発見する。しかし、1度振り向いた芳貴は駆け去ってしまう。白砂は後を追った。とある場所にやって来た舞はついに生を発見した。舞が駆け寄ろうとした時、生の顔すれすれにボーガンの矢が突き刺さった。ほとばしった舞の悲鳴をかき消すように男の声が響きわたる。「生くんをお返しする前にくいずです」10問のクイズに舞が答えられれば生を返すが、不正解なら生の死体を返すというのである。生の命を賭けた不気味なクイズの時間が幕を開けた・・・。

詳細

キャスト

製作年 2000年 製作国   日本

これもチェック

 QUIZを見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001