ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

オレンジデイズ

北川悦吏子脚本、大学4年生・結城櫂(妻夫木聡)と、聴覚を失った萩尾沙絵(柴咲コウ)のラブストーリー。
共演は、成宮寛貴、白石美帆、瑛太、小西真奈美、上野樹里ほか。

2010年04月23日 配信開始

お得なまとめ買い

#1~#11

1620ポイント 購入する
55%
OFF

#1~#11

3,564ポイント 1,620ポイント 55%OFF 30日間
  • #1
  • #2
  • #3
  • #4
  • #5
  • #6
  • #7
  • #8
  • #9
  • #10
  • #11

各話一覧

並び順

#1

324ポイント 購入する

#1

324ポイント 8日間 01:12:55

結城櫂(妻夫木聡)はごく普通の大学生。就職活動中だが内定はひとつもナシ。いつもつるんでいる友達・矢嶋啓太(瑛太)は既に内定をとっており、翔平(成宮寛貴)は就職活動をする気配がない。 そんなある日、櫂は大学でバイオリンを弾く沙絵(柴咲コウ)と出会い・・・。

詳細

#2

324ポイント 購入する

#2

324ポイント 8日間 46:55

櫂(妻夫木聡)の恋人・真帆(小西真奈美)は、社会福祉心理学科の堺田教授(小日向文世)から、耳の不自由な沙絵(柴咲コウ)のサポートをするように頼まれる。しかし、障害者であるという前提で接する真帆の態度が、沙絵には気にくわない。沙絵の態度に困った真帆と堺田教授は、櫂に沙絵の気持ちをほぐすために協力して欲しいと頼む。櫂は沙絵の親友・茜(白石美帆)から、沙絵の生い立ち、彼女が業界では名の知れたバイオリニストだったこと、留学先で病気により聴覚を失ったことを聞くのだった。

詳細

#3

324ポイント 購入する

#3

324ポイント 8日間 46:55

啓太(瑛太)は、今度は茜(白石美帆)に一目惚れ。茜に想いを打ち明けるために、ラブレターを熱心に書き始め、翔平(成宮寛貴)にあきれられる。櫂(妻夫木聡)は沙絵(柴咲コウ)のために、彼女を迎え入れてくれるオーケストラサークルを見つけてきた。そこは、セミプロの学生ばかりが集まるレベルの高いサークル。部長は、沙絵のバイオリンを聞いてみてから入ってもらうかどうかを決めたいと言う。櫂からその知らせを聞いた沙絵は熱心に練習を始める。再び光のあたる場所でバイオリンが弾けるかもしれないという希望に、沙絵の心は躍るが・・・。

詳細

#4

324ポイント 購入する

#4

324ポイント 8日間 46:55

突然、オレンジ色のノートをみんなの前に差し出した啓太(瑛太)。彼曰く、それは"オレンジノート"。櫂(妻夫木聡)、沙絵(柴咲コウ)、翔平(成宮寛貴)、茜(白石美帆)、啓太で連絡事項を書いたり、自分の心のうちを書いたりしたいという。櫂、沙絵、翔平は、啓太の提案に若干退き気味だが、啓太が茜と仲良くなりたいために発案した手段なのだろうと察し、ひとまず、オレンジノートを共有する仲間=「オレンジの会」結成となる。一方、翔平は相変わらず茜に対し、茶化すような態度で接していた。茜のほうも、チャラチャラしている翔平を認めることができず、2人はいつもケンカ腰の会話を繰り返す。 ある日、茜は就職試験で行ったホテルで偶然翔平と出会う。一方、沙絵は、櫂との出会いによって心の扉を開き始めていた・・・。

詳細

#5

324ポイント 購入する

#5

324ポイント 8日間 46:55

真帆(小西真奈美)の心が自分から離れていることを知った櫂(妻夫木聡)の気持ちは重く沈んでいた。しかし、それとは反対に、自分の進むべき道についての気持ちは、櫂の中でより一層確実なものになってきていた。櫂は、堺田教授(小日向文世)にもアドバイスを受けながら、作業療法士の資格取得に向けて勉強を始める。その後、真帆に会って自分の気持ちを話すことができた櫂。しかし、その時2人の前に現れたのは、真帆の大学時代の同級生・佐野(柏原崇)だった。 進路を決めた櫂に続き、茜(白石美帆)にも就職内定の知らせが入る。啓太(瑛太)は、お祝いも兼ねてオレンジの会でキャンプに行こうと提案するが・・・。

詳細

#6

324ポイント 購入する

#6

324ポイント 8日間 46:55

沙絵(柴咲コウ)は現実の厳しさに直面していた。バイオリンをあきらめて就職を考えたものの、大学の就職課が沙絵に紹介してくれる仕事には興味がわかない。気分も沈みがちな沙絵は、櫂(妻夫木聡)や母親のゆり子(風吹ジュン)に対しても、つい感情的に振舞ってしまう。そんな時、櫂は沙絵にピアノを弾こうと勧める。櫂は、ゆり子からピアノだったら沙絵にも可能性があるかもしれないと、聞いていたのだ。しかし沙絵は、自分が知らないところでゆり子が櫂に連絡をとっていたと知り怒ってしまう。だが数日後、書店で求人情報誌を手に取る沙絵の姿があった。雇ってくれるところを探そうと、自分の力で着々と動いていく沙絵だが・・・。

詳細

#7

324ポイント 購入する

#7

324ポイント 8日間 46:55

櫂(妻夫木聡)は、沙絵(柴咲コウ)の前に突然現れ、彼女と親しげに手話で会話していた男性(永井大)が誰なのかが気になり、翌日、茜(白石美帆)にその件について話す。茜によると、どうやらその男性は、アメリカ留学中の沙絵を知る柿崎という人物らしい。沙絵と柿崎は次第にデートを重ねるように。沙絵と柿崎がいい雰囲気らしいことは、翔平(成宮寛貴)や啓太(瑛太)の耳にもすぐに入ってきた。オレンジの会のメンバーは、櫂と沙絵の仲を見守っていただけに、その成り行きを心配し・・・。

詳細

#8

324ポイント 購入する

#8

324ポイント 8日間 46:53

父親が倒れたという知らせを受け、故郷の名古屋に帰っていた啓太(瑛太)。父の手術が終わるのを母親と弟と一緒に待っていると、オレンジの会の1人が突然病院に訪れ、啓太を驚かせる。そして東京に帰ってきた啓太は、ある決意を発表する。櫂(妻夫木聡)と沙絵(柴咲コウ)は、ちょっとしたことから、またケンカに。櫂のことが好きでたまらないのに、いつか嫌われてしまうのではないかと怖くて、本心と逆のことを言ってしまう沙絵。櫂と沙絵の両方を知る堺田教授(小日向文世)も、2人のケンカのことを風の噂に聞き、気にかけていた。また、沙絵の本心を知る茜(白石美帆)は、なんとかして櫂と沙絵を仲直りさせたいと、翔平(成宮寛貴)に相談をもちかける。

詳細

#9

324ポイント 購入する

#9

324ポイント 8日間 46:55

沙絵(柴咲コウ)は、ゆり子(風吹ジュン)がドイツの交響楽団から入団の誘いを受けたことを聞く。母親の長年の夢が叶うことを沙絵は心から喜ぶ。しかし、それは同時に、ゆり子と一緒にドイツに行くかどうかという選択をすることを意味していた。母とドイツに行くことは、櫂(妻夫木聡)と離れて暮らすことに・・・。そんな中、萩尾家に沙絵のはとこ・藤井ハルキ(沢村一樹)がやってくる。ハルキはドイツ在住のピアニストで、沙絵とは15年ぶりくらいの再会。ハルキは日本での滞在を萩尾家で過ごすこととなり、沙絵もこれを歓迎する。同じ日の朝、翔平(成宮寛貴)の家に、突然茜(白石美帆)がやってきて・・・。

詳細

#10

324ポイント 購入する

#10

324ポイント 8日間 46:40

沙絵(柴咲コウ)の耳が前よりも聴こえづらくなっていることを知ったゆり子(風吹ジュン)とハルキ(沢村一樹)は、前々から考えていた手術の話を、はじめて沙絵に切り出す。一方、翔平(成宮寛貴)は茜(白石美帆)に、チベットへの撮影旅行のことを話す。卒業後は名古屋に帰ることを決めた啓太(瑛太)、卒業を前にしてチベットへ行ってしまうかもしれない翔平、そしてドイツに行くかどうか悩む沙絵。自分が選ぶ道、つかみたい夢、そして大切な人・・・。オレンジの会には、別れの季節がやってきていて・・・。

詳細

#11

324ポイント 購入する

#11

324ポイント 8日間 59:45

学校から帰ってきた櫂(妻夫木聡)のアパートに届いていた沙絵(柴咲コウ)からの手紙を読んだ櫂だが、その内容は暗号のようで・・・。 ドイツでの住所も言わず行ってしまった沙絵(柴咲コウ)。チベットへ撮影旅行に行った翔平(成宮寛貴)。変わらぬ毎日を送る櫂、茜(白石美帆)、啓太(瑛太)も、顔を合わせる機会が減り、文学部ラウンジからも足が遠のいていた。 大学4年間最後の試験の時期がやってきていた、そんなある日。何の前触れもなく翔平が帰ってきて・・・。

詳細

キャスト

製作年 2004年 製作国   日本

これもチェック

 オレンジデイズを見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001