ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

Tomorrow 陽はまたのぼる

竹之内豊×菅野美穂の医療ヒューマンドラマ

2011年01月21日 配信開始

お得なまとめ買い

#1~#10

1620ポイント 購入する
50%
OFF

#1~#10

3,240ポイント 1,620ポイント 50%OFF 30日間
  • #1 医療は人か金か!?
  • #2 命を金で買うとき
  • #3 暴かれた医療ミス ~そして、親子の絆~
  • #4 加害者と被害者 ~人生最期の病院~
  • #5 涙の告白 ~医療ミスに封印された笑顔~
  • #6 訴えられた病院
  • #7 見捨てられた患者
  • #8 看護師長、倒れる
  • #9 妻の死と病院閉鎖
  • #10 死ぬな!病院…!!

各話一覧

並び順

#1 医療は人か金か!?

324ポイント 購入する

#1 医療は人か金か!?

324ポイント 8日間 01:00:02

森山航平(竹野内豊) は8年前に医師を辞め、今は西山室市という地方都市の役所の職員として働いている。面倒な仕事でも嫌がらずに対処する航平は街の人からの信頼も厚い。田中愛子(菅野美穂)は西山室市民病院の看護師。正義感が強く、早とちりで勘違いも多いが、愛すべき性格の持ち主。母の死後は大学生である妹の七海(黒川智花)のために働き、家計を支えている。ある日、航平は副市長の蓮見洋治(陣内孝則)から、新しく市民病院に派遣される医師を駅まで迎えに行くよう頼まれる。急いで役所を出ようとした航平は戸籍謄本をもらうために役所にやってきた愛子とぶつかる。それが航平と愛子の出会いだった。駅で医師を待つ航平は、妊婦の涼子(大沢あかね)が苦しんでいるところを目撃する。人のいい航平は涼子に付き添って、市民病院へ急行するが・・・。

詳細

#2 命を金で買うとき

324ポイント 購入する

#2 命を金で買うとき

324ポイント 8日間 46:12

赤字を抱えた市民病院を建て直すために動き出した"病院再建プロジェクト"。その中心となる紗綾(緒川たまき)は、利益の上がらない診療科を閉鎖し利益優先で経営していくという方針を打ち立てる。納得できない愛子(菅野美穂)は紗綾に詰め寄るが、紗綾はそれを全く聞こうとしない。一方、航平(竹野内豊)も自分には関係ないといった様子で背を向けてしまう。そんなある日、帰省で戻っていた愛子の妹・七海(黒川智花)の脳に破裂する危険性のある動静脈奇形があることがわかる。「死にたくない」と不安になる七海を絶対に助けようと決意する愛子は、脳外科医のエキスパートである紗綾に専門病院を紹介して欲しいと願う。しかし、紹介された病院は愛子が嫌う「セレブ病院」であった。その後、複雑な気持を抱えたまま帰宅する愛子。するとそこには倒れている七海の姿があった・・・!

詳細

#3 暴かれた医療ミス ~そして、親子の絆~

324ポイント 購入する

#3 暴かれた医療ミス ~そして、親子の絆~

324ポイント 8日間 46:12

医師として市民病院の再建を手伝う決意をした航平(竹野内豊)。心強い味方ができたと愛子(菅野美穂)は喜ぶ。しかし航平には医療ミスを犯した過去があることが蓮見(陣内孝則)の調べで判明。そんな中航平は、紗綾(緒川たまき)から新設する透析センターの担当になるよう告げられる。数日経ったある日、透析センターに以前航平が出会った村上(ベンガル)という男が来院。検査の結果、村上の腎臓は透析に耐えられないほどボロボロの状態であることがわかる。残された最良の治療は血縁者からの腎移植しかないことを告げる航平。これを拒否する村上だが、何としてでも助けたいと思う愛子は、村上の息子だという真一(塩谷瞬)のもとを訪れる。しかし母親を捨てた村上のことが許せない真一は、それを全く聞き入れようとはしなかった。その後、ある事を知った航平は、真一に一枚のレントゲン写真を見せる。そこにはこれまで真一が知らなかった「ある事実」が隠されていた・・・。

詳細

#4 加害者と被害者 ~人生最期の病院~

324ポイント 購入する

#4 加害者と被害者 ~人生最期の病院~

324ポイント 8日間 45:58

紗綾(緒川たまき)の調べにより、航平(竹野内豊)が医療ミスによって死なせてしまったのは、愛子(菅野美穂)の母親であったことが明らかになる。そのことを愛子に言えない航平は、それを意識するあまり愛子の顔をまともに見ることが出来ないでいた。そんな中、金にならない長期入院患者を全員退院させると紗綾が言い出す。その中には、夫を亡くし他に介護してくれる家族のいない河原のぶ子(佐々木すみ江)も含まれていた。紗綾はのぶ子に退院を迫るが、のぶ子は聞く耳を持たない。しかしそんなある日、絶対に退院しないと言っていたのぶ子が突然退院すると言い出す。のぶ子は同じ長期入院患者で退院させられそうな小学生・マコト(沢木ルカ)の代わりに「自分が出ていくからマコトは病院にいさせてくれ」と紗綾に頼んでいたのだ。それを知り、心配する愛子はのぶ子の家に電話をしてみるが・・・。

詳細

#5 涙の告白 ~医療ミスに封印された笑顔~

324ポイント 購入する

#5 涙の告白 ~医療ミスに封印された笑顔~

324ポイント 8日間 46:12

ある日、紗綾(緒川たまき)がスカウトしたという脳外科医、安達裕也(袴田吉彦)が病院にやってくる。病院再建のためにやって来たという安達。航平(竹野内豊)とは昔同じ病院にいた同僚であった。久し振りの再会に昔を懐かしむ2人。しかし、航平が知っている安達の面影はなくなってしまっていた。後日、愛子(菅野美穂)は病院で航平が医療ミスにより患者を死なせたという噂を耳にする。そのことを知った蓮見(陣内孝則)は、今病院の評判を下げる訳にはいかないと航平に病院を辞めて欲しいと告げる。それを聞き入れた航平は病院を辞める決意をする。一方、安達もずっと隠していた右手の震えが止まらない症状を抱えていることを病院に知られてしまう。治療方法が不明な上、メスを握ることができないという医師にとっては致命的なものであった。そんなある日、航平は安達と愛子の目の前で大怪我を負ってしまう。航平は「お前がオペをしてくれ」と安達に頼むのだが・・・。

詳細

#6 訴えられた病院

324ポイント 購入する

#6 訴えられた病院

324ポイント 8日間 46:12

航平(竹野内豊)は病院に残り、愛子(菅野美穂)と共に病院再建に向けて動き出すことを決めた。ある日、ナースステーションでは妹・七海の退院日にもかかわらず愛子や看護師たちが忙しそうに働いていた。看護師長の和子(エド・はるみ)は愛子に少しは休むよう声をかけるが、それを遮るように愛子を呼び出すナースコールがなる。ナースコールの相手は人気小説家の二階堂志保(杉田かおる)だった。初期の癌を患い手術を受ける予定の志保はささいな用事でもすぐに愛子を呼びつけて困らせる患者。しかし手術の日、志保の開腹をした航平(竹野内 豊)の手が止まる。すでに癌は転移していて手遅れの状態になっていたのだ。その後航平から余命3ヵ月であることを聞いた志保は唖然となる。その日から、以前に増して愛子にきつく当たる志保。そうした中、志保の容態が急変し、意識不明の状態になってしまう。その後の調べで、愛子の言葉を聞き間違えた看護師・圭太(永田彬)が医療ミスを犯していたことが判明し・・・。

詳細

#7 見捨てられた患者

324ポイント 購入する

#7 見捨てられた患者

324ポイント 8日間 46:12

紗綾(緒川たまき)は病院に集まる航平(竹野内 豊)たちに脳外科医・島谷(神尾祐)を紹介する。紗綾は島谷に、一般外来を閉鎖した後、新たにオープンする専門病院の中心になってもらおうと考えていた。さらに医師以外のスタッフの給料を3割カットするという紗綾。そんな紗綾の考えに愛子(菅野美穂)ら看護師たちは納得できるはずがなかった。紗綾とは違うやり方で病院を立て直そうとする航平は、仙道(岸部一徳)と共に医師集めを始める。専門病院には全国から患者が集まり町の活性化につながるという紗綾と、地域の人と向き合うことができる総合病院の大切さを訴える航平の意見は対立。そこへ、紗綾の母親の容態が急変したという連絡が。急いで病院へ向かおうとする紗綾は階段から転落してしまう。意識を失いぐったりとしている紗綾を病院へ搬送しようとする航平だが、紗綾がこれまで患者を見殺しにしてきたことに不満を募らせる看護師たちは紗綾を受け入れようとしなかった。

詳細

#8 看護師長、倒れる

324ポイント 購入する

#8 看護師長、倒れる

324ポイント 8日間 45:57

病院再建に向け医師集めに必死の航平(竹野内豊)。一方、紗綾(緒川たまき)によるプロジェクトはさらにエスカレートし、ついにはスタッフをリストラするとまで言い出す。ただでさえ人手不足で困っている病院でリストラしようとする紗綾の考えに愛子(菅野美穂)は戸惑う。そんな中、看護師たちの間で看護師長・和子(エド・はるみ)がプロポーズされたという噂が流れる。その相手とはもうすぐ退院予定の小倉(光石研)であった。突然の結婚の噂に周囲が羨む中、和子は下腹部の痛みに襲われる。検査の結果、痛みの原因は子宮筋腫であることが判明。その症状から、子宮の全摘出が必要になる可能性が高いという内科医・片岡(田中実)。後日、航平に自分が小倉からプロポーズされたことを明かす和子だが、小倉のことを気遣って結婚を諦めたという。そんな和子の気持ちを悟った航平は、子宮を残す方法はないかと必死に探し始めるのだが・・・。

詳細

#9 妻の死と病院閉鎖

324ポイント 購入する

#9 妻の死と病院閉鎖

324ポイント 8日間 45:57

ある日、仙道(岸部一徳)の妻で開業医の昌江(水沢アキ)が病院を訪れる。これまで多くの患者に市民病院を紹介してきた昌江は、病院が一般外来を閉鎖しセレブ病院になってしまうことに複雑な気持ちでいると航平(竹野内豊)に話す。そんな中、院内の機材を見回っていた昌江が脳幹出血を起こして倒れてしまう。懸命に処置をする航平と愛子(菅野美穂)だが、このままでは植物状態になる可能性があるという紗綾(緒川たまき)。一方、仙道は昌江の願いを汲み、人工呼吸器をつけることに戸惑っていた。しかし、やむなく人工呼吸器をつけることを決意する。昌江の気持ちを無視した自分勝手な行動に自分を責める仙道は、これまで読むことが出来なかった昌江のリビング・ウィル(自分がどんな風に「死」を迎えたいかを伝える遺言書)に目を通す。そこには思いもよらない言葉が綴られていた。さらに、病院再建が不可能となった紗綾が突然病院を辞めると言い出す。しかしそこには母親に対する思いが隠されていた。

詳細

#10 死ぬな!病院…!!

324ポイント 購入する

#10 死ぬな!病院…!!

324ポイント 8日間 46:26

市民病院が閉鎖されてしまい、病院で働いていた仲間たちがそれぞれ別々の道を歩き始める中、病院を諦めきれない航平(竹野内豊)と愛子(菅野美穂)は、再び市民病院を建て直すことを誓い動き出す。病院閉鎖の異議を申し立てようとする航平。市民から病院閉鎖反対の署名を集めようとする愛子。しかし蓮見(陣内孝則)の根回しで市民の関心は病院よりもリゾート開発に向かっており、思うようにはいかなかった。そんな中、リゾート開発のイベント会場で大事故が起こる。そこには署名を集めていた愛子もいた。そこかしこに人や物が倒れているその惨劇に呆然となる愛子。その後、必死に怪我人の応急処置をする愛子は、その中から意識を失っている蓮見の娘・唯(稲垣鈴夏)の姿を見つける。急いで航平に連絡を取り、閉鎖された病院へ運ぶ愛子。処置を終え処置室から出てくると、そこにはあふれんばかりの怪我人の姿があった。必死に処置をする2人。しかし突然愛子がうずくまってしまう。愛子自身も事故に巻き込まれ、内臓破裂の重傷を負っていたのだ。人手がなくなり、もはやこれまでかと思われたその時・・・。

詳細

キャスト

製作年 2008年 製作国   日本

これもチェック

 Tomorrow 陽はまたのぼるを見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001