ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

時間ですよ(第1シリーズ)

「おかみさ~ん!時間ですよ~!」の掛け声でおなじみ、下町の銭湯を舞台にした人気ホームコメディシリーズ。記念すべきこの第1作は、同居することになった親夫婦と息子夫婦との関係など、古き良き時代の家族の絆を描く。 親夫婦を森光子と船越英二、息子夫婦を松山英太郎と大空眞弓(第8話以降は松原智恵子)が演じる。また、従業員役の堺正章、お手伝いさん役の樹木希林(当時の芸名は悠木千帆)らと、個性豊かな出演者たちが揃った。

2011年06月17日 配信開始

お得なまとめ買い

#1~#30

2700ポイント 購入する
72%
OFF

#1~#30

9,720ポイント 2,700ポイント 72%OFF 30日間
  • #1
  • #2
  • #3
  • #4
  • #5
  • #6
  • #7
  • #8
  • #9
  • #10
  • #11
  • #12
  • #13
  • #14
  • #15
  • #16
  • #17
  • #18
  • #19
  • #20
  • #21
  • #22
  • #23
  • #24
  • #25
  • #26
  • #27
  • #28
  • #29
  • #30

#1~#15

1620ポイント 購入する
67%
OFF

#1~#15

4,860ポイント 1,620ポイント 67%OFF 30日間
  • #1
  • #2
  • #3
  • #4
  • #5
  • #6
  • #7
  • #8
  • #9
  • #10
  • #11
  • #12
  • #13
  • #14
  • #15

#16~#30

1620ポイント 購入する
67%
OFF

#16~#30

4,860ポイント 1,620ポイント 67%OFF 30日間
  • #16
  • #17
  • #18
  • #19
  • #20
  • #21
  • #22
  • #23
  • #24
  • #25
  • #26
  • #27
  • #28
  • #29
  • #30

各話一覧

並び順

#1

324ポイント 購入する

#1

324ポイント 8日間 48:38

松野まつ(森光子)とその夫・祥造(船越英二)が営む銭湯「松の湯」。ここでは、健(堺正章)、市子(川口晶)、浜子(樹木希林)が従業員として働いている。 ある日、松野家の一人息子・一郎(松山英太郎)が新婚旅行から帰ってきた。一郎の嫁・芙美(大空眞弓)は「番台に上がらない」という条件で結婚したという。がっかりするまつだったが、仕事が終わるまで寝ずに待っていた芙美に感激するのだった。 ところがその夜、松の湯に見知らぬ赤ちゃんが置き去りにされていているのを発見し・・・。

詳細

#2

324ポイント 購入する

#2

324ポイント 8日間 46:44

芙美(大空眞弓)が嫁に来てから、松野家は活気に満ちていた。しかし、松の湯をまつ(森光子)に任せて飲みに行ってしまう祥造(船越英二)が原因で、けんかが絶えない。 そんな中、松の湯に置き去りにされた赤ちゃんを警察に届けようとするが、芙美は「母親が後悔して連れ戻しに来る」と信じていて・・・。

詳細

#3

324ポイント 購入する

#3

324ポイント 8日間 48:42

夜遅くに松野家の戸をたたいたのは、松の湯に置き去りにされた赤ちゃんの母親だった。母親は、仕事が見つかるまで赤ちゃんと共に居候をすることに。 一方、まつ(森光子)と芙美(大空眞弓)は2人で買い物へ行き、お互いに打ち解けて話せるようになった。そして翌日、母子が家を出ることが決まると、人手不足の松の湯のために、芙美は番台へ座る決心をした。

詳細

#4

324ポイント 購入する

#4

324ポイント 8日間 48:45

健(堺正章)は受験ノイローゼ気味で、松の湯を辞めたいと辞表を芙美(大空眞弓)に出す。原因は受験勉強があまりはかどらず、このままだと3浪してしまうと思い悩んでいるからだった。健に辞められたくない市子(川口晶)と浜子(樹木希林)。祥造(船越英二)が説得するも、健の気持ちは変わらず・・・。

詳細

#5

324ポイント 購入する

#5

324ポイント 8日間 47:49

松の湯に牛乳を配達している配達員が、牛乳ビンが数本、盗まれていると言い出した。犯人は客の広田(石立鉄男)だった。広田は母乳の出ない妻とその子供のために牛乳が必要だったが、貧しいために盗んでしまったと言う。それを聞いたまつ(森光子)は広田に牛乳をあげるなどして世話をするのだった。広田はお礼に、自分が書いた絵を渡すのだが・・・。

詳細

#6

324ポイント 購入する

#6

324ポイント 8日間 48:27

健(堺正章)が大学受験に失敗し、がっかりする松の湯の面々。そんな中、芙美(大空眞弓)の母親が、芙美が会社を休んで店の手伝いをしていることを知り、松野家にやって来た。まつたちは「番台に上がる姿は見せられない」と隠そうとするが、芙美は母親に理解してもらうために、自分が銭湯で働く姿を見せると言いだして・・・。

詳細

#7

324ポイント 購入する

#7

324ポイント 8日間 48:44

突然気分が悪くなったまつ(森光子)は、芙美(大空眞弓)を気づかって元気なふりをした。無理をしているまつに気づいた芙美は共働きをやめて家の手伝いをすると言い出す。しかし、それだけは駄目だとはねつけられ、渋々会社に行く。 そんな中、まつに子供が出来たと祥造(船越英二)たちが誤解してしまう。一方、まつは芙美が妊娠したと思い込み・・・。

詳細

#8

324ポイント 購入する

#8

324ポイント 8日間 48:45

芙美(松原智恵子)は祥造(船越英二)の手帳を見つけ、まつ(森光子)に渡した。まつは手帳の中から新聞のアパートの切りぬきを見つける。祥造に問いただすと、一郎(松山英太郎)たちの新居を考えているという。 そんな中、一郎の友人が2~3日マンションの留守番をお願いしたいと言ってきた。まつの了解も得て、一郎と芙美の2人だけの生活が始まった。同じ頃、徳一(3代目江戸家猫八)が浜子(樹木希林)に縁談を持込み・・・。 ※この回より、芙美役は大空眞弓が体調不良のため降板し、松原智恵子に変更となりました。

詳細

#9

324ポイント 購入する

#9

324ポイント 8日間 48:20

寿司屋の娘・あき子(中村玉緒)が、嫁ぎ先から息子と一緒に戻ってきた。幼なじみだからと言ってあき子の世話を焼く祥造(船越英二)に、まつ(森光子)は内心穏やかでない。そして、そのことがあき子の息子の入学式を機に町中の噂になり、まつは問い詰める。しかし、親切からやったことだと祥造は言い張ってけんかになってしまう。しばらく冷戦状態が続くが、あき子が再婚することが決まって、2人は仲直りすることになる。

詳細

#10

324ポイント 購入する

#10

324ポイント 8日間 48:14

市子(川口晶)が英文タイプの夜間学校へ通うと言い出した。しかし、市子が抜けた時間に、ロッカー荒らしが現れて松の湯は大騒ぎに。市子も学校へ通いづらくなってしまう。 まつ(森光子)は、忙しい時間だけ市子に働いてほしいと思うのだが、はっきりと反対できないでいた。そんな時、市子は自分の誕生日に母親のように祝ってくれたまつを見て、自分のわがままが恥ずかしくなり、学校をやめることにした。

詳細

#11

324ポイント 購入する

#11

324ポイント 8日間 48:42

まつ(森光子)と芙美(松原智恵子)は、祥造(船越英二)の実家へ墓参りに行くことになった。2人の留守中に、祥造は徳一(3代目江戸家猫八)と、一郎(松山英太郎)は3人組の客と羽をのばそうと考えていた。そこで、まつ達には温泉へ寄ってゆっくりして来るように言っておいた。そして祥造と徳一は夜通しで遊び疲れ、昼まで眠ってしまう。ところが、まつと芙美は予定を変更し、早く帰って来て・・・。

詳細

#12

324ポイント 購入する

#12

324ポイント 8日間 48:34

一郎(松山英太郎)は、このところの芙美(松原智恵子)の態度が横柄になってきたのが気に入らなかった。まつ(森光子)も、芙美が忙しいのはわかっているが、一郎に家事を手伝わせるのはどうかと思っていた。一郎が芙美に不満を打ち明けると、芙美は実家に帰ってしまう。 芙美が松野家を出て3日目に、まつが芙美を迎えに行き、説得して2人は松野家に帰ってきた。

詳細

#13

324ポイント 購入する

#13

324ポイント 8日間 48:12

近所に住むたき(飯田蝶子)とその嫁・ツネ子(曽我町子)は普段からいがみ合い、松の湯でも大げんかをしてしまう。けんかの仲裁に入ったまつ(森光子)のことをツネ子は悪く言いふらし、まつはたきを預かることになった。 しかし、たきはわがままな振る舞いが多く、松野家は大混乱。その後、芙美(松原智恵子)の優しい振る舞いでたきは満足し、機嫌よく家に帰っていくのだった。

詳細

#14

324ポイント 購入する

#14

324ポイント 8日間 48:30

市子(川口晶)の友人・とみ子(紀比呂子)が行く所がないと言って突然やってきた。市子は仕方なく、自分の部屋でこっそりかくまうことに。 一方、近所で印刷所を営む島崎かね(七尾伶子)が、人手が足りないので市子を引き取りたいと申し出た。ゆくゆくは養女にしてもいいと言う。 市子を手離したくないまつ(森光子)だったが、かねがとてもいい人なだけに思い悩み・・・。

詳細

#15

324ポイント 購入する

#15

324ポイント 8日間 48:46

市子(川口晶)の友人・とみ子(紀比呂子)が行く所がないと言って突然やってきた。市子は仕方なく、自分の部屋でこっそりかくまうことに。 一方、近所で印刷所を営む島崎かね(七尾伶子)が、人手が足りないので市子を引き取りたいと申し出た。ゆくゆくは養女にしてもいいと言う。 市子を手離したくないまつ(森光子)だったが、かねがとてもいい人なだけに思い悩み・・・。

詳細

#16

324ポイント 購入する

#16

324ポイント 8日間 48:48

島崎かね(七尾伶子)が再度、市子(川口晶)を引き取りたいと言ってきた。松の湯から離れたくないが自分の夢も捨てられない市子は、悩んだ末にかねの印刷所に行く決心をする。松の湯の面々は淋しがるが、市子の将来を考えればそれが一番だと思うのだった。 そして、市子の代わりにとみ子(紀比呂子)が松の湯で働くことになった。

詳細

#17

324ポイント 購入する

#17

324ポイント 8日間 48:41

一郎(松山英太郎)が義弟・謙二(松山省二)を松の湯に連れてきた。謙二は母親とケンカをして家出し、泊るところがないと言う。一郎は2階の納戸を片付け、そこに謙二を泊まらせようとするが、そこにはまつ(森光子)と祥造(船越英二)のヘソクリがしまってある。一郎は、まつと祥造お互いに気付かれないようにヘソクリを健(堺正章)に渡すが・・・。

詳細

#18

324ポイント 購入する

#18

324ポイント 8日間 48:44

まつ(森光子)は仕事が忙しく、祥造(船越英二)と話をする時間がない。たき(飯田蝶子)も祥造の気持ちなどそっちのけである。 いたたまれなくなって旅に出ることにした祥造。しかし、祥造を心配したまつは食事も出来ないでいる。そんな時、祖父の友人・杉原(有島一郎)が訪ねて来るが・・・。

詳細

#19

324ポイント 購入する

#19

324ポイント 8日間 48:41

トキ(菅井きん)に誘われ、まつ(森光子)は日本舞踊を習い始める。何でも真面目に取り組む優等生タイプのまつに、トキは「余裕をもって楽しんだ方がいい」と助言する。その言葉にまつはもっと気楽な感じにならなくてはと思い、祥造がうつつをぬかしている競馬を奨励するほどになり・・・。

詳細

#20

324ポイント 購入する

#20

324ポイント 8日間 48:30

亀の湯が新装開店したせいで松の湯の客が少なくなってしまい、まつ(森光子)たちも銀行からお金を借りて松の湯を新しくすることに。一方、一郎(松山英太郎)は猛反対して、マンションにしてしまった方がいいと言い出す。しかし、芙美(松原智恵子)、健(堺正章)、浜子(樹木希林)、市子(川口晶)、とみ子(紀比呂子)の松の湯への熱意、まつの本心を知って・・・。

詳細

#21

324ポイント 購入する

#21

324ポイント 8日間 48:05

祥造(船越英二)は絵のモデルをしている娘・マリ(大原麗子)を不憫に思い、アパートを用意してやることに。そして、2人はモデルと絵描きという関係以上に魅かれ合うようになってしまう。 そんな中、偶然マリのアパートに行った石松(大辻伺郎)が2人の仲を疑い、松野家は大騒ぎとなる。一郎(松山英太郎)は、まつ(森光子)が苦しんでいるのを見かねて、マリに「祥造と別れてほしい」と頼むが・・・。

詳細

#22

324ポイント 購入する

#22

324ポイント 8日間 48:22

松の湯の休日。まつ(森光子)と祥造(船越英二)は映画へ、市子(川口晶)と健(堺正章)はデートへ、浜子(樹木希林)と石松(大辻伺郎)、一郎(松山英太郎)と芙美(松原智恵子)はドライブへ出かける。しかし、それぞれに邪魔が入ってしまい・・・。

詳細

#23

324ポイント 購入する

#23

324ポイント 8日間 48:29

祥造(船越英二)が水着美人コンクールの審査員を頼まれた。徳一(三代目江戸家猫八)と健(堺正章)は、プールの客にまぎれ込んで痴漢に間違われ、コンクールをめちゃくちゃにしてしまう。 そんな中、謙二(松山省二)が訪ねて来た。健たちが子供を集めて肝試しをしたが、その後で次々と不思議な事が起こり・・・

詳細

#24

324ポイント 購入する

#24

324ポイント 8日間 48:38

松の湯に元やくざの半次郎(大友柳太朗)が来た。健(堺正章)と浅太郎(左とん平)は子分にして欲しいと頼むが、堅気になったつもりで暮らしていると言われ、断られてしまう。そこで、健と浅太郎はけんかで実力を見せようとするものの、半次郎に諭されて目が覚めるのだった。 一方、祥造(船越英二)はまつ(森光子)や一郎(松山英太郎)の助けで、念願の万博に行けることになり、子どものように喜ぶ。

詳細

#25

324ポイント 購入する

#25

324ポイント 8日間 48:32

松の湯に三好(杉浦直樹)というルポライターが、「当世浮世風呂」という本を書くためにまつ(森光子)を取材しにやって来た。しかし、浜子(樹木希林)が三好に一目ぼれしてしまう。それを知った石松(大辻伺郎)はショックを受ける。 浜子は三好について行くために松の湯の退職金を前借りしようとするが、祥造(船越英二)はそれを許さず・・・。

詳細

#26

324ポイント 購入する

#26

324ポイント 8日間 48:48

給料日の前日に泥棒に入られてしまった松の湯。その泥棒は出産費用がないために松の湯に忍び込んだのだと言う。まつ(森光子)は朝まで待つように言うが、急に泥棒が産気づいてしまい、パトカーで病院に行くことに。 その後、無事に女の子を出産することが出来た泥棒は、その赤ちゃんに"まつ"という名前をつけたいと願い出て・・・。

詳細

#27

324ポイント 購入する

#27

324ポイント 8日間 48:34

浜子(樹木希林)が石松(大辻伺郎)と結婚することになった。祝言は松の湯の脱衣場で行われ、箱根へ新婚旅行に出かけて行った。芙美(松原智恵子)は、結婚25周年を迎えた祥造(船越英二)とまつ(森光子)にも旅行させたいと考え、浜子たちと同じ旅館へ招待する。何も知らされていない4人は旅館ではち合わせになって・・・。

詳細

#28

324ポイント 購入する

#28

324ポイント 8日間 48:28

松の湯のお盆休みを控え、みんな休みの計画をしていた。そんな中、祥造(船越英二)の親の葬式でまつ(森光子)と祥造は実家に帰らなければならなくなり、芙美(松原智恵子)が松の湯を仕切ることに。浜子(樹木希林)、とみ子(紀比呂子)、健(堺正章)も、まつたちのために休みを返上する。芙美は1日松の湯の仕事をして、まつの苦労を知り・・・。

詳細

#29

324ポイント 購入する

#29

324ポイント 8日間 48:25

市子(川口晶)に縁談が持ち上がる。しかし、市子には健(堺正章)がいるということで、かね(七尾伶子)が祥造(船越英二)たちに相談をしに来た。 市子は自分で健に縁談のことを話すが、健は落ち込んで食事も出来ず、部屋に閉じこもってしまい・・・。

詳細

#30

324ポイント 購入する

#30

324ポイント 8日間 47:33

芙美(松原智恵子)が妊娠。なかなか子どもができないと心配していた一郎(松山英太郎)や、お百度参りをしていたまつ(森光子)を始め、皆大喜びだった。 一方、松の湯では改築工事のために300万円が必要になる。ところが、いい条件で金を貸してくれるところがなかった。そんな中、芙美が一計を案じ・・・。

詳細

キャスト

製作年 1970年 製作国   日本

これもチェック

 時間ですよ(第1シリーズ)を見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001