見放題で視聴


ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

白い影(田宮二郎、山本陽子)

影のある天才外科医・直江(田宮二郎)と、彼を取り巻く女性たちが織りなす恋愛を軸に、医療現場の人間模様を描く。渡辺淳一の原作「無影燈」を倉本聰が脚色した。

2011年07月15日 配信開始

お得なまとめ買い

#1~#14

1620ポイント 購入する
64%
OFF

#1~#14

4,536ポイント 1,620ポイント 64%OFF 30日間
  • #1
  • #2
  • #3
  • #4
  • #5
  • #6
  • #7
  • #8
  • #9
  • #10
  • #11
  • #12
  • #13
  • #14

各話一覧

並び順

#1

324ポイント 購入する

#1

324ポイント 8日間 46:02

"オリエンタル病院の看護師・志村倫子(山本陽子)が病院に戻った時、当直の医師・直江庸介(田宮二郎)は外出し、酒場にいた。そんな中、喧嘩で負傷した急患が運び込まれ、倫子は対応に追われることに。取り急ぎ戻った直江は、適切な処理をして病院内で評判となる。 孤独の影がつきまとい、私生活も謎の多い直江は、優秀だが異質な医師として周囲の注目を集めるようになる。ある日、直江は末期ガン患者を延命させるために手術をしたいと申し出た。患者本人を安心させるため、ただ開腹するだけだという直江だが・・・。"

詳細

#2

324ポイント 購入する

#2

324ポイント 8日間 45:51

"直江(田宮二郎)は、末期ガン患者に生きる希望を与えるため、開腹だけの手術をするという。若い外科医・小橋(山本亘)は抗議し、院長・行田(金田龍之介)にも手術の是非を問う。また、小橋は院長の娘・美樹子(中山麻理)が直江に特別な関心を寄せていることを知る。 手術の日。開腹した末期ガン患者・石倉(寄山弘)の病巣は予想以上に悪化していた。手術に立ち会った小橋は、患者やその家族をも騙す直江の医療方針に納得ができずにいた。しかし、短時間の手術にも関わらず、直江は助手たちにしばらく手術室に残るよう命じ・・・。"

詳細

#3

324ポイント 購入する

#3

324ポイント 8日間 47:22

"夜勤の時に救急患者を受け持った小橋(山本亘)。そして、その患者は空ベッドがなかったために1日3万円もする特別室に入るが、その後他の病院に移される。この患者のために直江は安くて良い病院を探していたのだった。 一方、歌手の花城純子(田中真理)が子供を堕ろすために極秘入院してきた。中絶のためだとは看護師の誰も知らないことだったが、中絶手術の用意を担当した倫子(山本陽子)が口をすべらせてしまう。 その夜、小橋が担当し、その後転院していった救急患者が死んだとの知らせが入り・・・。"

詳細

#4

324ポイント 購入する

#4

324ポイント 8日間 47:13

"倫子(山本陽子)は直江(田宮二郎)の部屋を掃除していて、レントゲン写真を見つける。それは、直江の背骨を撮ったもので、5年前から定期的に撮影されていたものだった。 一方、花城(田中真理)は仕事で病院を抜け出すが、記者会見の席上で倒れ、病院に担ぎ込まれる。小橋(山本亘)は、外部からの電話に対し「花城は中絶の後遺症がひどい」と答えてしまう。後に真相を知った小橋は、看護婦の亜紀子(中野良子)と相談し、直江に連絡してもらうよう倫子に頼む。 その夜、直江は美樹子(中山麻理)に誘われてクラブにいたが、突然激痛に襲われ・・・。"

詳細

#5

324ポイント 購入する

#5

324ポイント 8日間 47:26

"小橋(山本亘)がうっかり洩らした言葉から、花城(田中真理)が中絶手術を受けたことを知った週刊誌記者は、主治医の直江(田宮二郎)の証言を得ようとした。だが、直江は頑として盲腸だと言い張る。 一方、倫子(山本陽子)は、直江のレントゲン写真の理由をレントゲン技師・沢田(堀内正美)に聞くが、沢田は口を濁す。 そんな中、花城が服毒自殺を図った。原因は、恋人である歌手の谷本(藤島新)との別れにあるらしい。倫子が直江を捜しにレントゲン室に行くと、やはり直江はそこにいて・・・。"

詳細

#6

324ポイント 購入する

#6

324ポイント 8日間 47:12

"失恋して自殺を図った花城(田中真理)は昏々と眠り続け、命が助かったとしても後遺症が心配された。だが、直江(田宮二郎)の適切な処置で意識が戻り、退院していった。直江は「患者の秘密を守るのは医者の役目であって、軽率な発言は慎むように」と小橋(山本亘)に忠告する。 その夜、直江は立石(井川比佐志)と夕食をとり、自宅へ帰った。そこへ、美樹子(中山麻理)が訪ねて来る。衝動的に抱きついてきた美樹子を直江も受け入れ、2人は一夜を共にする。翌日、当直にあたった直江を、予期せぬ激痛が襲った。"

詳細

#7

324ポイント 購入する

#7

324ポイント 8日間 47:08

"激しい発作に襲われた直江(田宮二郎)を目撃した亜紀子(中野良子)だが、無事に直江が担当する手術が終わって安心する。一方、直江と関係を持った美樹子(中山麻理)は、愛をつなぎとめようと、両親と直江を会わせる。 ある夜、直江の患者が呼吸困難に陥るが、小橋(山本亘)の応急処置で一命を取り留める。亜紀子が直江に電話で報告すると、電話口の直江は発作で苦しんでいる様子だった。亜紀子は病院を抜け出し、モルヒネを持って直江の部屋へと向かう。"

詳細

#8

324ポイント 購入する

#8

324ポイント 8日間 47:30

"直江(田宮二郎)が痛み止めにモルヒネを使用していると知り、倫子(山本陽子)は反対する。だが、直江は倫子とベッドを共にしながらも、その真相を語ろうとはしなかった。 ある日、外来に胸部にコブのできた患者が訪れ、全身のレントゲン撮影が行われる。その結果、めったに臨床例のない「多発性骨髄腫」と診断された。その患者のレントゲン写真には、直江の写真と同じ白い影が写っていた。 一方、倫子は直江に立石(井川比佐志)とのことを相談する。直江に結婚を勧められ、傷ついた倫子は涙ながらに部屋を去り・・・。"

詳細

#9

324ポイント 購入する

#9

324ポイント 8日間 47:26

"直江(田宮二郎)は、院長(金田龍之介)から美樹子(中山麻理)の中絶手術を頼まれる。だが、妊娠は嘘だったことが発覚する。 そんな時、生活保護を受けている患者・上野(今村原兵)の、療養扶助停止の電話が入った。直江は、輸血を停止して楽にさせた方が良いと担当医の小橋(山本亘)に助言する。悩んだ小橋は酒を飲み、当直をすっぽかしてしまう。 その頃、立石(井川比佐志)は、直江が大学病院を去った理由を泉田教授(原保美)から聞き出していた。"

詳細

#10

324ポイント 購入する

#10

324ポイント 8日間 47:02

"小橋(山本亘)は偽血を使っての治療に悩み、偽血作りを手伝ったという亜紀子(中野良子)に対して憤りを感じていた。 一方、直江(田宮二郎)が以前開腹だけの手術をした末期ガン患者・石倉(寄山弘)が倫子(山本陽子)の胸を触ろうとした。倫子はその事を直江に相談する。すると直江は「石倉の望み通りにしてやれ、君なら大丈夫だ」と倫子を説得するのだった。 翌日、倫子は胸を触らせた。その夜危篤状態に陥った石倉は、直江と倫子に感謝の言葉を残して息を引き取る。その満ち足りた死に、敗北を感じる小橋だった。"

詳細

#11

324ポイント 購入する

#11

324ポイント 8日間 47:29

"直江(田宮二郎)の考えに共感した亜紀子(中野良子)は、直江と一夜を過ごした。公園で語り合い朝を迎えただけだったが、亜紀子に想いを寄せる小橋(山本亘)は嫉妬に苦しむ。その間にも、直江の病状は目に見えて進行していた。しかし、直江はひた隠しにする。 そんな矢先、末期症状の患者・上野(今村原兵)に黄疸が出た。このままでは激しく苦しむと考えた直江は、薬品を投与して楽にしてやってくれ、と小橋に頼む。 その夜、直江は花城(田中真理)とベッドを共にするが、翌朝直江のアパートを訪れた倫子(山本陽子)が、2人の姿を目撃し・・・。"

詳細

#12

324ポイント 購入する

#12

324ポイント 8日間 47:33

"多発性骨髄腫の患者・中込(織本順吉)の発作が頻繁になる。中込は自分の病名を問うが、直江は決して真相を知らせなかった。 そんな中、中込の部下だという下条(前田吟)が訪ねて来て、早く中込を楽にしてあげて下さいと直江に申し出る。親身に中込を心配する下条の出現は、直江にひとつの決意をさせていた。絶え間ない中込の激痛を抑えるため、直江はモルヒネを使い始めた。死期を早めることになろうとも、死の恐怖を和らげた直江の優しさに感謝しながら中込は息を引き取る。ところが、中込の家族が「死因に不審な点がある」と騒ぎ出し・・・。"

詳細

#13

324ポイント 購入する

#13

324ポイント 8日間 47:31

"行政解剖の結果、中込(織本順吉)の血液から常識量を越える麻薬が検出された。直江(田宮二郎)は一切の弁解を避け、翌日、倫子(山本陽子)を連れて故郷の北海道へ旅に出る。直江は多発性骨髄腫ではないかと考える倫子は、直江が出かけた隙に札幌に赴任中の立石(井川比佐志)と会う。直江の病気について問う倫子だったが、立石は何も知らないと言う。 次の日、直江と倫子は湖へ出かける。そこで倫子が妊娠したことを告げると、直江の答えは意外なものだった。"

詳細

#14

324ポイント 購入する

#14

324ポイント 8日間 46:58

"直江(田宮二郎)との数日間の北海道旅行を終え、倫子(山本陽子)は1人で先に帰京する。妊娠したことは、亜紀子(中野良子)だけに話した。 そんなところへ、直江が自殺したとの電話がかかってくる。直江の遺書には、自分の今までの病状をまとめてあるので泉田(原保美)に渡して欲しいとあり、中込(織本順吉)の臨床日記もあった。さらに、倫子への愛が整然と記され、その遺書を読んだ倫子は気を失ってしまった。 一方、小橋(山本亘)は直江の遺志を継いで、中込の臨床日記だけでも公表しようと考えるが・・・。"

詳細

キャスト

製作年 1973年 製作国   日本

これもチェック

 白い影(田宮二郎、山本陽子)を見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001