ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント


ポイント不足

作品購入のためにポイントを
追加してください

ポイント追加はプレミアムコースまたはプレミアム&見放題コースのみ
ご利用いただけます


お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。


お気に入り

ホームワーク

唐沢寿明、福山雅治が共演!人生観の全く違う2組のカップルが、恋愛・結婚・仕事を通して悩み、成長していく姿を描いたドラマ。出演は清水美砂、筧利夫、宝田明ほか。

2011年07月29日 配信開始

お得なまとめ買い

#1~#11

1620ポイント 購入する
55%
OFF

#1~#11

3,564ポイント 1,620ポイント 55%OFF 30日間
  • #1 出会ってしまった
  • #2 誘ってしまった
  • #3 同じ夢をみたい
  • #4 夢・・・みたいなもの
  • #5 別れられない予感
  • #6 君を愛してる
  • #7 もう離れられない
  • #8 悲しくなんか・・・
  • #9 結ばれたのに・・・
  • #10 倖せになりたい
  • #11 Xマスに出た答え

各話一覧

並び順

#1 出会ってしまった

324ポイント 購入する

#1 出会ってしまった

324ポイント 8日間 46:23

文具メーカー経理部勤務の圭介(唐沢寿明)は、同僚OLのうらん(浦江アキコ)と同棲を始めて3年。そろそろ結婚をと考えてはいるが、個人貿易をサイドビジネスにしているうらんは仕事に夢中で、彼のプロポーズに見向きもしない。ある日、飲みに出掛けた圭介は、周二(福山雅治)という酔っぱらいにからまれる。失業中の彼は、弁護士秘書・幸子(清水美砂)の部屋に居候の身で、そんな自分に嫌気がさして荒れていたのだが・・・。

詳細

#2 誘ってしまった

324ポイント 購入する

#2 誘ってしまった

324ポイント 8日間 46:23

"圭介(唐沢寿明)は、拾ってきた子犬の件で、犬嫌いのうらん(浦江アキコ)と喧嘩ばかり。 一方、犬を捨てた為に幸子(清水美砂)に泣かれた周二(福山雅治)は、捜索願いの貼り紙を出す。そんな中、幸子の存在が気になって仕方がない圭介は、駅の伝言板に幸子宛のメッセージを残した。ある夜、営業部から接待を頼まれた圭介が、いつものようにカラオケバーで騒いでいると、幸子が偶然店に入ってきて・・・。"

詳細

#3 同じ夢をみたい

324ポイント 購入する

#3 同じ夢をみたい

324ポイント 8日間 46:23

一夜を共にした周二(福山雅治)とうらん(浦江アキコ)。幸子(清水美砂)を待ち続け、結局会えなかった圭介(唐沢寿明)。それぞれ家に帰ったが何となく気まずい。圭介との溝を感じたうらんは、突然家事に目覚める。が、慣れている圭介にはかなわず、ポケットベルを買ってきて「圭介ともっと近くになりたい」と言うが、結局、貿易業が忙しい自分の方が帰宅が遅い。そんな彼女に、圭介は「一緒に暮らしているなら同じ夢を見たい」とぼやく。そして、幸子(清水美砂)を求めて駅で待ち伏せするが、もう会わないほうがいいと避けられてしまう。

詳細

#4 夢・・・みたいなもの

324ポイント 購入する

#4 夢・・・みたいなもの

324ポイント 8日間 46:23

"互いの同棲相手に後ろめたさを感じながらも会わずにはいられない圭介(唐沢寿明)と幸子(清水美砂)。そんなある日、会社のデスクに、幸子の名刺が置いてあるのに気づいた圭介は、不思議に思いながらも幸子に電話し、デートの約束をする。2人は食事をしながら仕事や結婚感を語り、幸子は、「映画を作るのが夢だった」と語る圭介に好意を感じ始める。 一方、恵美(ちはる)が古川(筧利夫)の会社で働きだしたことを知った恵美の父・幸介(宝田明)は・・・。"

詳細

#5 別れられない予感

324ポイント 購入する

#5 別れられない予感

324ポイント 8日間 46:19

"圭介(唐沢寿明)と幸子(清水美砂)の関係を知ったうらん(浦江アキコ)と周二(福山雅治)。うらんは、家事をするなどして圭介の望む女性になろうと努力する。周二は荒れ、幸子の職場までやってきて金をせびる始末。そんな中、圭介は、父・幸介(宝田明)の差し金で経理部から再び営業部に転属になる。仕事に対して疑問を抱き始めた彼は、幸子のアドバイスもあって、夢だった映画会社への就職を考え始める。 一方、うらんは周二を部屋に入れ、帰ってきた圭介とわざと鉢合わせさせ・・・。"

詳細

#6 君を愛してる

324ポイント 購入する

#6 君を愛してる

324ポイント 8日間 46:23

"うらん(浦江アキコ)に「会社を辞めるかもしれない」と洩らした圭介(唐沢寿明)に、課長補佐の辞令が下りた。同期で1番の出世だが、うらんともうまく別れられず、何もかも中途半端な自分が嫌になった圭介は、辞表を出し、映画会社への就職活動を始める。 一方周二(福山雅治)は、夢を追うのは諦め、幸子(清水美砂)のために定職に就こうと古川(筧利夫)の会社に入る。しかし、恵美(ちはる)がアルバイトを続けている事を怒った幸介(宝田明)の策略で、古川は窮地に立たされていた。"

詳細

#7 もう離れられない

324ポイント 購入する

#7 もう離れられない

324ポイント 8日間 46:23

"うらん(浦江アキコ)から別れてもいいと言われた圭介(唐沢寿明)は、新しい部屋を探し始める。難航していた映画会社への就職も、小さな制作会社の助監督の仕事がやっと決まり、幸子(清水美砂)にいち早く報告、いきなりプロポーズする。しかし、幸子は「好きだからといって、すぐには一緒に暮らせない」と言う。圭介に心は移っているものの、周二(福山雅治)の顔を見ると別れ話を切り出せないのだ。 一方、結婚を決めた恵美(ちはる)のおかげで、古川(筧利夫)の会社への融資差し止めの件は解除されたが・・・。"

詳細

#8 悲しくなんか・・・

324ポイント 購入する

#8 悲しくなんか・・・

324ポイント 8日間 46:23

圭介(唐沢寿明)に、大手映画会社から採用の連絡が入った。迷った末、幸子(清水美砂)とも相談し、先に決まっていた助監督の話を断って宣伝部員として入社する。幸子も弁護士事務所を辞め、圭介との結婚に向け準備を開始。ある日、圭介は幸子を紹介する為に家に帰る。幸介(宝田明)は頭から反対するが、母・八千代(内田あかり)だけは幸子を認め、理解を示す。そんな中、圭介の引っ越しの日が決まった。周二(福山雅治)に無理矢理連れ出され、見送りに来たうらん(浦江アキコ)だが・・・。

詳細

#9 結ばれたのに・・・

324ポイント 購入する

#9 結ばれたのに・・・

324ポイント 8日間 46:23

"圭介(唐沢寿明)と幸子(清水美砂)の新婚生活が始まった。映画を作りたいと転職した圭介は、現場ではない宣伝の仕事にウンザリ。企画書を書いては上司に見せるが、何の反応もない。思い余った彼は、製作現場で働きたいとプロデューサーに直談判するも、「いきなり押しかけて企画書を見ろとは非常識」と叱責される。 一方、周二(福山雅治)と暮らし始めたうらん(浦江アキコ)は、会社を辞めて貿易の仕事に専念するが・・・。"

詳細

#10 倖せになりたい

324ポイント 購入する

#10 倖せになりたい

324ポイント 8日間 46:08

家を飛び出し、夜の街で偶然うらん(浦江アキコ)と再開した圭介(唐沢寿明)は、その後もうらんと会い続ける。幸子(清水美砂)が忘れられない周二(福山雅治)もまた、家を訪ねたり、電話をかけたりする。そんな中、幸子が働きたいと言い出した。圭介の給料だけでは足りないのだ。情けなく思う圭介に周二は、「今なら月収80万円あり、幸子を幸せにしてやれる」と宣戦布告。周二はうらんと圭介が会っているのを知っていた。そしてうらんも圭介に、幸子と周二が会っていると教える。

詳細

#11 Xマスに出た答え

324ポイント 購入する

#11 Xマスに出た答え

324ポイント 8日間 46:13

"圭介(唐沢寿明)は、制作部への転属が決まり有頂天になるが、入社できたのは幸介(宝田明)の差し金だったと聞かされ、ショックを受ける。幸子(清水美砂)は幸介たちとクリスマスイブを過ごそうと気を遣うが、圭介は意地を張り、幸介に会おうとしない。 一方、うらん(浦江アキコ)は仕事も辞め、圭介にもふられ、何もかもなくしてしまった。周二(福山雅治)も自暴自棄になり、無断欠勤を続ける始末。クリスマスイブ、幸子はうらんと偶然出会い・・・。"

詳細

キャスト

製作年 1992年 製作国   日本

これもチェック

 ホームワークを見た人は、こんな作品も見てます!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001